ホーム >  済生会について > 済生会SR報告書 (環境社会報告書)

済生会SR報告書 (環境社会報告書)

済生会SR報告書(環境社会報告書)の公表について

SR報告書は、一般的にはCSR報告書などと呼ばれており、環境や社会問題などに対し企業が果たすべき社会的な取り組みをまとめたものです。

企業では一般的となりつつあるCSR報告書ですが、社会福祉法人や民間医療機関ではあまり浸透していません。約5万人の職員、360余の医療・福祉施設を有する日本最大の社会福祉法人である済生会は、この分野においても率先して取り組むべきと考えています。

済生会は、平成23年に迎えた創立100周年に際し、「済生」の理念に立ち返って地域の「いのち」を支えるとともに、地球環境を守っていくことをあらためて決意しました。この決意を「生(いのち)を済(すく)う。人も地球も」というスローガンに表し、済生会全体でこの取り組みを推進しています。

「済生会SR報告書(環境社会報告書)」は、済生会が日頃取り組む環境、労働、安全衛生、社会貢献などの活動状況を余すところなく、かつ、わかりやすい報告書とすることを目指しました。

済生会の病院・社会福祉施設を利用される皆様や、行政等関係者など広く国民の方々に済生会の取り組みをご理解いただき、済生会はこれからも「人と地球の生を済う」活動に取り組んでまいります。

平成25年度
平成24年度

Adobe readerPDFファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe Readerをダウンロードしてください。

▲ページトップへ