ホーム >  症状別病気解説 >  気管支拡張症

気管支拡張症

Bronchiectasis

解説:西村 和幸 (埼玉県済生会栗橋病院 呼吸器内科担当部長・副院長)

気管支拡張症はこんな病気

何らかの原因で気管支が非可逆的(元にもどらない)に拡張してしまう病気です。気管支が拡張するといくつかの問題が生じます。拡張した部分に細菌やカビが増殖して炎症を起こし、感染を繰り返すことにより病状が進行します。気管支が拡張した部分には炎症に伴って血管が増えるため、血痰や喀血をきたすことがあります。

拡張した気管支
拡張した気管支

原因は感染症、気道閉塞、先天性、免疫異常などさまざまです。もっとも重要な原因は気道感染症で、気管支・肺胞の発育が盛んな乳幼児期の感染が特に問題となります。 また、先天性の原因のひとつに原発性線毛機能不全があります。これは気道粘膜の線毛系に先天異常がある病気です。(粘液線毛輸送系の機能不全を起こし、肺感染症を繰り返します)

症状として、慢性の咳、膿性痰が特徴です。感染が加わると痰の量は増え、血痰や喀血もしばしばみられます。慢性副鼻腔炎を合併していることが多く、肺炎や膿胸、肺膿瘍などの肺感染症を合併することもあります。

診断は上記の症状に加え、胸部X線写真や胸部CT検査で気管支拡張があるかどうかを診断します。また、感染が疑われる時には原因菌を調べるため、痰の培養検査が必要です。喀血が多い時には、血管が増えている状態を見るために血管造影(血管の状態や血液の流れを調べるための検査)を行うことがあります。また、結核、非結核性抗酸菌症、がんや異物などによる気道閉塞、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症、びまん性汎細気管支炎、慢性気管支炎などの疾患が続発性気管支拡張症の原因となることもあるので鑑別が必要です。

治療方法として、自覚症状が乏しい軽症例は経過観察をすることが多いですが、気管支に貯留した分泌物は細菌増殖の場となり、気道を刺激して咳を誘発するので、できるだけ痰を出しやすくするために去痰剤の投与、ネブライザー(吸入器)、体位排痰法などを含めた呼吸リハビリテーションを行います。症状の軽減や炎症を抑えるために、マクロライド薬の少量投与が行われる場合もあります。感染症を合併した時には、原因菌検査を行って適切な抗菌薬を選定して治療を開始します。血痰や喀血のある場合は、止血剤の投与を行いますが、喀血が止まらない時には内視鏡的止血法、気管支動脈塞栓術や外科的切除術が考慮されます。

早期発見のポイント

主な症状は、咳・痰・血痰ですが、発熱がみられることもあります。気道分泌物による刺激により、咳が持続的に起こるため呼吸が苦しくなることや、健康時にはみられないような黄色や緑色の粘性が強い痰が出て、血が混じることもあります。気管支拡張症は、副鼻腔炎や幼少期において気管支肺感染症を繰り返していた人が発症しやすいといわれています。膿性の痰や咳が長期間ある場合や血痰が伴うなど、心当たりのある人は決して「ただの風邪」で片付けずに、呼吸器内科を受診するのがよいと思われます。

予防の基礎知識

一番注意が必要なのは、感染などを契機に症状が急激に悪化することです。多くの場合、冬季の風邪やインフルエンザなどの感染症が原因です。呼吸困難や血痰、喀血などが生じて入院が必要になることもあります。予防として、インフルエンザシーズン前の予防接種、手洗い、うがいの励行、室内の加湿・保温などが挙げられます。患者さんが自分でできる治療(セルフケア)として、気道のクリーニングを心掛けることが自覚症状改善に有効です(去痰剤等の薬物治療やネブライザーの使用、体位排痰法を含めた呼吸リハビリテーションの継続)。

日常生活では水分を多めにとることにより、痰の粘稠度が減り喀出しやすくなります。どの病気にも言えることですが、普段の栄養管理や適度な運動、通院を欠かさないことも重要です。もし自覚症状が悪化した時や発熱など感冒症状を認めた時は、早めに診察を受けて下さい。

西村 和幸

解説:西村 和幸
埼玉県済生会栗橋病院
呼吸器内科担当部長・副院長

※当欄に執筆した医師の所属・役職は、異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。

▲ページトップへ