社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)

ホーム >  済生会について > 済生会総研所報

済生会総研所報

「済生会保健・医療・福祉総合研究所(仮称)所報―創刊準備号」の発行について

済生会保健・医療・福祉総合研究所(仮称)は、社会的使命の道行や経営の在り方を探る「研究部門」とサービス提供者である職員のレベルアップを図る「人材開発部門」からなる、新しい機関です。
本会が創立100周年を迎えるに当たってまとめられた「第四次基本問題委員会報告(平成22年12月)」において提案され、平成28年度創設に向けて準備が進められています。

昨今の厳しい環境下において、本会は、「済生勅語」に示されている「施薬救療の精神」という理念に基づき三つの基本的使命(生活困窮者への支援、地域医療への貢献、総合的な医療と福祉サービスの提供)を、時代の変化を踏まえながら的確に果たし続けていく必要があります。しかしながら使命を果たすためには、経営基盤を安定させる必要があり、両者を両立させるための研究と両者の両立を支える人材の確保・育成が急務となっています。

所報―創刊準備号は、本年3月に理事会で承認された基本構想、炭谷茂理事長等の座談会、済生会総研・基本構想検討委員会委員の寄稿で構成されており、済生会総研の基本的な在り方をわかりやすく伝えることを目指しました。

済生会の病院・福祉施設を利用される方や行政等関係者等、広く国民の方々に済生会の取り組みをご理解いただき、済生会はこれからも使命の遂行に取り組んでまいります。

済生会保健・医療・福祉総合研究所(仮称)所報

Adobe readerPDFファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe Readerをダウンロードしてください。