社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)

2021.10.27

虚血性大腸炎

ischemic colitis

解説:嵜山 敏男 (川内病院 院長)

虚血性大腸炎はこんな病気

虚血性大腸炎は、大腸の粘膜に十分な血液が行き届かなくなること(虚血)で引き起こされる病気です。虚血を起こす原因には、血管側の要因(糖尿病高血圧脂質異常症などに伴う動脈硬化や、脱水による血流低下など)と腸管側の要因(便秘や浣腸による腸管内圧の上昇や、蠕動運動の亢進など)があり、これらの要因が複合して発病すると考えられています。高齢者や便秘がちな人に多くみられ、性別では女性が発病しやすい傾向があります。

虚血性大腸炎の症状

突然の強い腹痛に続いて下痢が起こり、徐々に血便がみられるようになるのが典型的です。身体の左側に位置する大腸の部位(下行結腸、S状結腸)に好発するため、お腹の左側が痛むことが多いです。吐き気や冷や汗を伴うこともあります。

虚血性大腸炎の好発部位

 

虚血性大腸炎の検査・診断

血液検査では、炎症を示す数値の上昇がみられます。このことは重症度の判定には有用ですが、虚血性大腸炎だけに特徴的な所見ではないため、診断には画像検査を行なうことが重要です。腹部CT検査や腹部超音波検査では、虚血している大腸の壁が厚く腫れて見えます。大腸内視鏡検査では、虚血部分の粘膜が赤く腫れて見え、腸管の形に沿った潰瘍(縦走潰瘍)がみられることがあります。最近は行なわれることが少なくなりましたが、注腸造影検査(肛門から造影剤を入れてX線撮影を行なう)では、腸管が親指で押されたように狭く見える特徴的な所見(母指圧痕像)が認められます。

虚血性大腸炎の治療法

多くの場合は、腸管を安静にする食事指導などの保存的治療で軽快します。症状が強い場合は、腸を休ませるために絶食としますが、その間は水分・栄養補給のための点滴が必要となるので入院治療が一般的です。腹痛や血便が落ち着いたら少量のお粥などから食事を開始し、段階的に食事の形態を変えていきます。通常、後遺症はみられませんが、虚血による腸管の障害が強い場合は回復後に大腸が狭くなること(狭窄)があります。狭窄が強く便が通りにくくなった場合、まれにみられる大量出血や腸管に穴が開くような重症の場合は、手術が必要になることがあります。

突然強い腹痛が起こり、その後に血便がみられた場合、虚血性大腸炎が強く疑われます。しかし、腹痛や血便は虚血性大腸炎だけでなく大腸がん大腸憩室炎、感染性胃腸炎、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎クローン病)などさまざまな大腸疾患でみられる症状です。それぞれの病気で治療方法が異なるため、まずは診断が重要になります。こうした症状があれば早めに病院を受診しましょう。

虚血性大腸炎は便秘と関係の深い病気なので、便秘をしないよう排便習慣の改善に努めることが大切です。水分や食物繊維を多めに摂り、適度な運動を心がけましょう。また、動脈硬化を引き起こす糖尿病高血圧脂質異常症などの生活習慣病があれば、これらの治療もしっかり受けましょう。

解説:嵜山 敏男

解説:嵜山 敏男
川内病院
院長


※所属・役職は本ページ公開当時のものです。異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連記事

  1. 大腸憩室症(病名から探す | 2021.5.26)
  2. 血便(症状から探す | 2020.7.30)
  3. 下痢(症状から探す | 2020.7.30)
  4. 潰瘍性大腸炎(病名から探す | 2018.10.3)
  5. クローン病(病名から探す | 2016.2.10)
  6. 脂質異常症(病名から探す | 2015.3.25)
  7. 腹痛(症状から探す | 2013.2.4)
  8. 便秘(症状から探す | 2013.2.1)
  9. 大腸がん(病名から探す | 2013.2.1)