社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)
2021.04.16

すべての子どもたちに家庭を。児童養護施設の小規模化《ソーシャルインクルージョン・取り組み紹介》

保護者のいない児童や、虐待・貧困などにより親と一緒に暮らせない「要保護児童」は全国に約45,000人います。このうち、児童養護施設などで生活する児童と、里親の家庭で養育される児童の人数比は9:1。欧米の主要国では約半数以上が里親家庭で養育されていることを考えると、日本では施設養護の割合が高いことが分かります。

子どもの成長には、親やその代わりとなる養育者と信頼関係を育む「愛着形成」が必要です。愛着は、養育者と子どもが生活を共にすることで、日常的な世話やコミュニケーションを通して形成されます。つまり、十分な愛着形成を行なうためには、より家庭に近い形での養育が必要なのです。要保護児童がより家庭に近い環境で生活できるよう、日本でも社会的養護の基盤作りが進められています。
2016年、児童福祉法が改正され「家庭養育優先原則」が示されました。児童養護施設の小規模化・地域分散化を求めるものです。
児童養護施設の小規模化には、どんな利点や課題があるのでしょうか。静岡県済生会が運営する川奈臨海学園地域小規模児童養護施設「わかな」のケースを見てみましょう。

《知る・見つける・支える ソーシャルインクルージョン(愛称:シンク!)》
すべての子どもたちに家庭を。児童養護施設の小規模化

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE