社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)
2021.04.23

医療だけじゃない! 地域生活を病院で支える仕組み《ソーシャルインクルージョン・取り組み紹介》

病院で働く人というと、医師や看護師のイメージが強いかもしれませんが、実際にはさまざまな職種のスタッフが連携して患者さんを支えています。栄養バランスのとれた食事の献立を考える管理栄養士、患者さんの退院支援や生活保護など福祉制度につなぐ役割を担う医療ソーシャルワーカー(MSW)、病院のスタッフと患者さんの仲介を果たす医療メディエーターなどです。

大阪府にある済生会泉尾病院では、患者さんの生活を支える多職種・多部門を一つにまとめた場所があります。2015年に院内に開設された地域ケア支援センター(愛称「がじゅまるサポート」)です。クリニック等から患者さんの紹介を受ける「地域医療連携室」、無料低額診療等を担う「医療福祉課」、病床の管理や退院後のアドバイスを行なう「入退院調整室」の3部門に、医療メディエーターを加えた体制をワンフロアに集約したものです。患者さんが地域で安心して暮らせるよう、退院後の生活も考えるのががじゅまるサポートの役割です。

《知る・見つける・支える ソーシャルインクルージョン(愛称:シンク!)》
医療だけじゃない! 地域生活を病院で支える仕組み

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE