Book&Movie Book Movie

NPO法人
みなと障がい者福祉事業団

活動を続ける上で勉強になった、感銘を受けた作品

『虹色のチョーク 働く幸せを実現した町工場の奇跡』

小松成美(著) 幻冬舎 出版年:2017年 価格:¥1,300+税

社員の7割が知的障がい者である“日本でいちばん大切にしたい会社”の社長や社員、障がい者のご家族などを取材したノンフィクション作品です。

「みなと障がい者福祉事業団」小嶋さんコメント

「以前、この会社の取り組みを知ったときはとても驚きました。知的障がいのある人が工場で働き、中には重度の障がいがある人もいます。実際に代表取締役社長の大山泰弘さんに当事業団で講演してもらい、施設の見学にも行きました。重度の障がいがある人でも、きちんと職場環境が整備されれば働くことができると知り、感銘を受けました」

過去にご紹介いただいた作品はこちらから

topへもどる