Book&Movie Book Movie

「一般社団法人ラ・バルカグループ」夏目さんのおすすめ

活動を続ける上で勉強になった、感銘を受けた作品

『すべては一杯のコーヒーから』

松田公太(著) 新潮社 出版年: 2005年 価格: 550円+税

タリーズコーヒージャパンの起業物語。27歳で起業を志し大手銀行を退職した青年が、体当たりの交渉でスペシャルティコーヒーの日本における販売権を獲得し、全国チェーンに成長させるまでの奮闘を描きます。

「ラ・バルカ」夏目さんコメント

「夢と情熱を持つことが、ビジネスを成功させる一番の秘訣であることを学びました。今も勇気を与えてくれる1冊です」

『小倉昌男の福祉革命─障害者の月給一万円からの脱出』

建野友保(著) 小学館 出版年: 2001年 価格: 533円+税

ヤマト運輸の『クロネコヤマト宅急便』を創った小倉昌男氏は、障害者の並外れて低い賃金を憂い、晩年は雇用環境改善に尽力しました。月給一万円という障害者就労の現状を打破すべく、経済と経営についてわかりやすく説明した本です。

「ラ・バルカ」夏目さんコメント

「この本に感銘を受け、半年近く手紙を書いてようやく小倉さんと面会できました。ところが、活動の母体は何だと問われ『個人』と答えると、『商売をなめるな!』と追い返されました。理想や思いだけでできるものではないということ、今になってよくわかります」

『小倉昌男の福祉革命─障害者の月給一万円からの脱出』
過去にご紹介いただいた作品はこちらから

topへもどる