Report

障害者自立支援の
取り組み

湘南バリアフリーツアーセンター

年齢や障害の有無にかかわらず、どんな人だって生き生きと人生を楽しみたいし、もちろんその権利がある。海外の社会福祉先進国の人たちを見て、具体的に自分がサポートをする側になりたいと、障害者の観光のサポートをするNPO団体「湘南バリアフリーツアーセンター」を立ち上げた榊原正博さん。今回はその活動をレポートする。

“バリアフリー”ってなんだ?

白くなった富士山の山頂が冬の訪れを感じさせる12月初旬、真っ青な空とさらに青く輝く海の先には江の島が見える。ここは都心から日帰りできることでも人気の観光スポットだ。
この日は、湘南バリアフリーツアーセンターのメンバー2人が、地元の飲食店にバリアフリー調査をしに訪れていた。同センターでも独自に実施しているが、今回は観光庁が実施する事業の一環で、外国人の障害者の受け入れ状態を調査するのだ。車椅子ユーザーの宍戸かつ子さんは、同センターでボランティア活動を始めて3年になる。もう一人は松本彩さん、社会福祉学の専門家だ。
お店の入り口は階段だが、車椅子の人でも入れるよう、一部スロープになっている。ただ、スロープの勾配が高く、女性2人の力だけでは車椅子を押し上げきれない。
「すみませーん」
宍戸さんの声かけで、店内から店員の男性が出てくる。慣れた手つきで車椅子の脚部をつかんでスロープから引き上げて、店内まで招き入れた。一連の流れは実にスムーズで、そこに遠慮や戸惑いはなかった。
片方は助けが必要だと助けを求め、もう片方はそれに応じて自然と手を差し出す――。たったこれだけのことだが、そこには大きな意味があるのだ。

「段差や階段があるから中に入れない、というのではなく、その段差を越える手伝いをしてもらえるかどうかを考えます。このお店の方は、そのことをよく分かっていらっしゃるから、自然と助けてくれましたし、こちらも安心です。この姿勢こそが、障害を持つ私たちにとって、何より重要なのです」(宍戸さん)
そして2人は、店内のテーブルの高さや通路の幅を巻き尺で測ったり、メニューの内容をチェックしたり、お店の人に質問をしたりして調査を進めた。この調査で集めた情報は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの前に、観光庁がホームページ上で公表するのだという。

調査ではテーブルの高さや通路幅などを計測
調査ではテーブルの高さや通路幅などを計測
外国人向けのメニューの対応状況もチェック
外国人向けのメニューの対応状況もチェック

「あの家族の目は社会的に死んでいる人の目でした」

湘南バリアフリーツアーセンターは、障害者とその家族が、遠出や出歩くこと気軽に楽しめるようサポートをする目的で、2016年2月に設立した特定非営利活動法人の団体だ。主に、湘南エリアにある飲食店や宿泊施設などを、障害のある人たちが利用しやすいか、どういった注意点があるかなど、実際に訪れることで調査し、ホームページ上などで紹介したり、障害者が参加できるイベントを主催している。
理事長の榊原正博さんは、同センターを設立したきっかけをこう話す。
「私はもともと医療機器の会社で設計、開発を担当していました。病気の人を助けたいという夢があって入った業界でしたが、医療機器を開発すればするほど、病気の人が増えていると感じるようになりました。
10年以上も前のことですが、自社で開発した医療機器の臨床検査のために訪れたシンガポールの病院で、いわゆる植物状態の若い男性患者のそばで付き添う母親とお姉さんの姿を見てショックを受けました。二人の表情には、喜怒哀楽というものが全くなかったのです。介護で疲れ切っていたのでしょう。彼らを見たとき、『この二人こそ、呼吸はしているものの、社会的に死んでしまっているではないか』と衝撃だったのです」

湘南バリアフリーツアーセンター理事長・榊原正博さん
湘南バリアフリーツアーセンター理事長・榊原正博さん

その後、社会福祉の先進国であるスウェーデンを訪れ、リハビリテーションの現場を見て再び驚いたという。
「対照的でした。スウェーデンでは、身体さえ動かせればよいという考え方ではなく、障害者も生き生きと生きるのが当たり前。周囲も自然に手を貸しますし、障害のある人たちも自然に助けを求め、自立した生活を送っていたのです」
シンガポールで見た、社会のサポートを得られず不自由の中での疲弊した一家の姿は、榊原さんの中で、日本での病人のいる家庭や、障害者の状況と重なった。

「人の幸せ、人の喜びってなんなのだろう」と考えた榊原さんは、「障害者でも病人でも笑顔になることが大切では」と思い始める。旅行に関することが笑顔につながりやすそうだと、湘南バリアフリーツアーセンターの設立を思い立った。高校の先輩や地元のつながりで、協力者は次々と現れた。みんな本当は何か手伝いたいのだということが伝わってきた。
最初に行なったのは、「バリアフリービーチ」だった。車椅子の人たちと一緒に材木座海岸で泳ぐという活動だ。障害者1人につき、健常者2人、医療関係者1人がついて、海で泳ぐのだが、海遊びの得意な健常者は医療にも障害者の対応の仕方にも明るくない、医療関係者は海のことを知らないなど、それぞれの得意不得意がうまく混ざって、全員にとってウィンウィンになる楽しいイベントとなり、その後恒例化している。

砂浜にマットを敷いて通路を作成し、水上車椅子で海の中へ!
砂浜にマットを敷いて通路を作り、水上車椅子で海の中へ!

見えてきた“手ごたえ”

「『バリアフリービーチ』を続けているうちに、隣町の由比ヶ浜のビーチがバリアフリーになりました。由比ヶ浜の海の家の運営をしている人が、我々のビーチイベントを見て、バリアフリーを実現してくれたのです。嬉しかったですね」
スロープを付けて段差を少なくする、案内板を点字でも表示するなどはといったことは、ハード面での対応だが、実は、それ以上に大切なのはソフト面だ。やはり人はどのように対応されるかによって心象が大きく変わる。相手が自然に手を差し出してくれると、受け手も自然にその手を取りたくなるという心理が働くのだ。バリアフリーが実現できるか否かは、ここにあるのではと榊原さんは考えている。

「“心のバリアフリー”こそが大事」(榊原さん)
「“心のバリアフリー”こそが大事」(榊原さん)

「日本人は内気なところがあり、障害者は助けを求めたくても『無理なんじゃないか』『理解してもらえないんじゃないか』という不安を感じ、健常者は助けたくても『どう声をかけたらいいのか、どう手を差し伸べたらいいのか分からない』という壁があります。実は、この双方の気持ちこそが、“バリア”になってしまっているのです」
さらに、かける言葉も間違えやすいそうだ。
「多くの人は『大丈夫ですか?』と聞きます。でも、そう聞かれるとつい、『はい、大丈夫です』と答えてしまうのです。答えた後に『本当は困っていたのに』と後悔しても、もう遅いんですね。でも、『お困りですか?』とか『お手伝いしましょうか?』と声をかけていただくと、当事者も『はい、お願いします』とすんなり応えやすくなります」
声のかけ方ひとつで、そんな違いが!と驚くが、こんなことでも知っているのと知らないのとでは大きな違いだそう。
「両者の間に横たわるのは『知らない』ことだと思うのです。健常者は手の差し伸べ方を『知らない』し、障害者も手の借り方を『知らない』。だったら、両者が互いを知れるよう、私たちが橋渡しをできたらなと思うのです」

「当事者も地域の中に入って発信し、役割を持つと、もっと地域が変わると思う」(松本さん)
「当事者も地域の中に入って発信し、役割を持つと、もっと地域が変わると思う」(松本さん)

2020年東京オリンピック・パラリンピックを追い風に

この日、お話しを聞かせてもらった場所は、海に面した眺めのいいカフェ『SUNCAFE PARADISE』。ここも数年前までは車椅子用のスロープがなかったが、オーナーの理解で、入り口にスロープができ、店内も車椅子で自由に行き来できるようになっている。このように、活動をしていく中で、理解者や協力者は着々と増えている。
同センターが活動をしていて発見したことは他にもある。観光地として人気の高い鎌倉は、坂の多い町であるため、階段や石畳が多く、障害者にとっては長年、敷居が高かった。ところが、実は地元の人たちは協力的だということが分かった。2016年には地元の着物レンタルショップの協力で、着物を着て鎌倉観光を楽しむイベントが実現した。今では恒例の行事となっている。

障害の有無にかかわらず、桜が見頃の鎌倉巡りを楽しむ
障害の有無にかかわらず、着物を着て桜が見頃の鎌倉巡りを楽しむ
「皆さんが何か手助けをしたいと思っていると分かると、私たちも勇気が出ます」(宍戸さん)
「皆さんが何か手助けをしたいと思っていると分かると、私たちも勇気が出ます」(宍戸さん)

特にオリンピックイヤーとなる2020年は、ひとつの節目の年になってほしいと榊原さんは願っている。
「江の島にあるヨットハーバーがセーリング競技の会場となります。湘南地域に海外からも多くの障害者の方が訪れると思います。彼らは自立しているので、外出、移動を自由にするでしょう。日本の障害者の皆さんも、そういう姿を見て、“できない”と諦めるのではなく、“できるんだ”という刺激を、彼らから受ける機会があればと期待しています」

バリアとは、実は人の心の中にあるもの。一人ひとりの“心のバリアフリー”を目指し、障害者がやりたいことをできるための支援の活動を、これからも続けていく。

湘南バリアフリーツアーセンター
2016年2月設立。全国各地のバリアフリーツアーセンター、ユニバーサルツーリズムセンターのネットワークの一員として、年齢や障害の有無にかかわらず旅を楽しむためのバリアフリー情報の発信やサポートなどを行なう。

活動拠点: 神奈川県鎌倉市、藤沢市

topへもどる