Report

障害者就労支援の
取り組み

Good Job! センター香芝

奈良県香芝市にある「Good Job! センター香芝」は、障害のある人のアート作品を展示したり、商品化したグッズを制作、販売、発送するといった、「ものづくり」から「発信」までが一貫してできる“障害のある人たちの働く場所”として2016年にできた。しかし、その取り組みの根幹は50年近く続いてきたものだ。半世紀にわたる歴史を受け継ぎながら、新しい仕事づくりの可能性を探るセンター長の森下静香(もりした・しずか)さんに話を聞いた。

壁が空間をつなぐ、みんなが一緒に働く空間

奈良県香芝市。日本古来の文化が息づくこの土地は、人口約8万人。大阪府と隣接している大阪のベッドタウンでもある。のどかな町並みを歩いていると、木造りのおしゃれでモダンな建物が見える。これが「Good Job! センター香芝」だ。

木の風合いとロゴマークが印象的な建物(南館)
木の風合いとロゴマークが印象的な建物(南館)

扉を開けて中に入ると、明るく開放的な空間が広がる。天井が高く、窓が大きいので、至るところから光が差し込んできて建物内が明るいのだ。中は2階建てになっているが、ドアや壁といった間仕切りが少なく、全体的につながっている。スタジオタイプの広い空間がうまく使われて、プライベートなスペースもある。人の気配を感じるオープンスペースは、どこか安心感がある。

この土地は、車いす生活をされていたご夫婦から寄付されたものだ。
「この建物の設計は建築事務所o+hに依頼しましたが、o+hさんが提案してくれたコンセプトが『街並みをかえるアートの森』でした。いただいた土地が2カ所だったこともあり、建物も2棟に分かれています。その2棟の建物を人が行き来することで、この地域の風景が変わっていくことを想定しています」とセンター長の森下さんはいう。「建物の中は壁と柱が一体となったものがパラパラと木のように立っています。みんなで作業ができる陽の当たる広い空間もあれば、木の陰のように落ち着いて作業ができるスペースもあります。この空間で、ここで働く人も近所の人も、遠方から来た人も、それぞれの働き方や過ごし方ができるようにと考えてつくられました」

Good Job! センター香芝センター長・森下静香さん
Good Job! センター香芝センター長・森下静香さん
まさに一つの大きな空間の中でみんなが働いている
まさに一つの大きな空間の中でみんなが働いている

1階はギャラリーにもなっていて、アート作品や商品の展示がされている。奥には工房があり、人が作業しているのが見える。入口近くにはカフェがあり、この空間をゆっくり楽しめる場所になっている。キッチンにいた高谷菜々美(たかや・ななみ)さんがにこやかに応対してくれた。高校卒業後、ここで働き始めて2年になるという。週5日勤務で、今日はカフェの担当の日なのだとか。

ゆったりと過ごせるカフェ。奥はキッチンになっている
ゆったりと過ごせるカフェ。奥はキッチンになっている

階段で2階に上がると、バッグ、小物、靴下など、「アート×〇〇」といった企業とのコラボ商品や手づくりの商品などが販売されているショップになっている。これらの商品はオンラインストアでも購入できる。 すぐ横は在庫管理や流通業務を行なうストックルームで、すべての作業がこの建物の中で連続的にできるように設計されているのだ。

ショップとストックルームには境い目がないショップとストックルームには境い目がない
ショップとストックルームには境い目がない

隣の銀行を挟んだ北側には、もう一つの建物がある。主に制作作業やワークショップなどのイベントに使われている北館だ。こちらも窓は大きいが、天井は低く、作品制作など気持ちを集中させやすい空間となっている。

新しいセンターに受け継がれている歴史

Good Job! センターはまだ新しいが、母体となる「たんぽぽの家」の歴史は長く、始まりは1970年代に遡る。当時はまだ、障害のある人の活動場所が地域の中に少ない時代だった。このときに障害のある人が社会の一員として活動できるよう、「奈良たんぽぽの会」が発足した。その後、「財団法人たんぽぽの家(現:一般財団法人たんぽぽの家)」を設立し、コンサートなどの社会活動とあわせて自立のためのセンターとして、たんぽぽの家を運営した。
1987年、社会福祉サービスを行なう「社会福祉法人わたぼうしの会」を設立。1990年代に入ると、障害のある人の芸術活動が注目されるようになったが、制度が整っていなかったため、企業などの支援を得ながら、芸術活動の意義を多くの人に知ってもらうための普及の活動を全国で展開した。ものづくりから発信までを一貫して行なう「Good Job! センター」は、ある意味、これらの活動を集約、具現化した場所ともいえるのだろう。ここを利用している人のためだけでなく、ここでいろいろな社会実験を行ない、広く発信していくことを期待され、建物を建てる際には、日本財団や地元である香芝市、個人のみなさんからも広く支援が寄せられたという。

北館は戸建ての家のような雰囲気
北館は戸建ての家のような雰囲気

働くことは楽しいこと

森下さんは、大学卒業後、ボランティアでたんぽぽの家に関わるようになり、障害のある人たちと1年間を共に過ごした。
「そのときの体験で私の眼は開かされましたね。彼らは休日に出かけるとき、いろんな人に声をかけるのですが、私にも声をかけてくれて、一緒に甲子園に阪神戦を観に行ったり、吉本新喜劇を観に行ったりしました。私一人では行かないような所に連れていってもらえて新鮮でしたし、感情の幅が豊かな彼らと一緒で本当に楽しかった。それに、健常といわれている人が一人ひとり違うように、障害のある人も皆それぞれ違います。当たり前なのですが、そういうところも同じなんだなと感じたのです」(森下さん)
1年間ボランティアで関わった後、もっと彼らのことを学びたいと、森下さんはたんぽぽの家に就職した。

Good Job! センターでは障害はあっても働きたいという意欲のある人たちが登録しており、ここでは彼らのことを「メンバー」と呼ぶ。現在、約50人のメンバーが登録しているが、体調によって働ける日数が限られている人もおり、勤務しているのは、いつも二十数人くらいだ。
メンバーの一人、紀亘河(き・のぶか)さんは、Good Job! センターで働いて3年目。週5日、電車通勤をしているという。ここでは、電話応対をしたり、カフェで働いたり、グッズの制作、清掃、流通の業務などを行なったり、日替わりでさまざまな仕事を担っている。この日は、グッズである張り子人形に紙を貼る作業をしていた。
「毎日、いろんなことができて、一緒に働く仲間も優しくて、仕事が楽しい」と話してくれた。

工房では張り子人形を制作中メンバーの紀亘河さん(右)
工房では張り子人形を制作中(左)、メンバーの紀亘河さん(右)

毎年、この時期は張り子人形づくりで忙しい。張り子人形は伝統工芸の一つだが、近年、職人が減ってきているのが現状だ。しかし、Good Job! センターではテクノロジーの進化によって広まってきたデジタルファブリケーションを用いることで、作業をしやすくしているのだという。デジタルファブリケーションとは、3Dプリンターやレーザーカッターといった最新のデジタル技術によるものづくりのことで、これがさまざまなことを可能にしている。
「張り子の型を作る人が減っているそうですが、型は3Dプリンターで作り、紙を貼る作業はメンバーが行なっています」

型は最新のデジタル技術で紙を貼るのは伝統的な手作業で
型は最新のデジタル技術で、紙を貼るのは伝統的な手作業で

型に紙を幾重にも貼り付ける作業の後、胡粉(ごふん)を塗って、色をつけて完成だ。この日、センター内でメンバーが一丸となって作っていたのは、八咫烏(やたがらす)の張り子だった。
張り子に胡粉を塗る作業をしていた松村賢二(まつむら・けんじ)さんは、「胡粉がまんべんなくついているように、余分な胡粉は落とし、付け根など胡粉がついていないところに足すなど、一つひとつ丁寧に行なうことが大切です」と、軽やかな手つきで作業をしながら説明してくれた。この作業を習ってから3年くらいになるという。
この後、ベースを塗り、それから色つけに入っていく。これ以外に、「おじぎ鹿」「鹿コロコロ」「Good Dog」などのオリジナル張り子商品にも定評がある。

作り方を説明してくれた松村賢二さん
作り方を説明してくれた松村賢二さん
センターで生み出されるバラエティあふれる商品の数々
センターで生み出されるバラエティあふれる商品の数々

これからは「IoT × Fab × 福祉」の時代

Good Job! センターでは、エイブルアート・カンパニーという、障害のある人のアート作品を企業などに商品や広告などのデザインとして使ってもらう事業にも取り組んでいる。これは、2007年に東京にあるNPO法人エイブル・アート・ジャパン、福岡にあるNPO法人まる、そしてたんぽぽの家の共同で立ち上げた取り組みになる。「エイブル・アート(可能性の芸術)」とは、障害のある人や社会的に弱い立場に置かれている人たちが、アートの力を生かして自分らしい生き方ができる社会をつくっていく運動だ。
Good Job! センターには、エイブルアート・カンパニーに登録しているアーティストの作品やそれが商品化されたものが多く展示・販売されている。2019年5月現在、113人の障害のあるアーティストが登録しており、13,000点を超えるアート作品はウェブサイトでも見ることができる。
さらに、企業とコラボして、前出の張り子の人形のほか、マスキングテープや靴下、Tシャツなどの制作、販売も行なっている。また、作品の展示会が全国各地で行なわれるなど、その活動の幅はさらに広がっている。

2017年からは、「IoTとFabと福祉」という活動を進めている。これは最新技術と福祉を組み合わせることで、福祉の環境をよくすることや、新たな仕事づくりを目指すものだ。現在、日本財団の助成を受け、全国7つの地域で、福祉の現場とFABやIoTに詳しいFABスペース・大学などの研究機関がネットワークを組み、さまざまな実験を行なっている。
「Good Job! センターで行なっている張り子の人形も一例ですが、今のままでは担い手が少なくなっている伝統工芸を、3Dプリンターやレーザーカッターを組み合わせることで、障害のある人の仕事としても引き継いでいくことができればと考えています」(森下さん)
誰にとってもウィンウィンとなりうる、新しい可能性と道がここにある。

Good Job! センター香芝
障害のある人とともに、アート・デザイン・ビジネスの分野の壁を取り払い、社会に新しい仕事をつくり出すことを目的に設立。障害のある人のアートやデザインを企業やNPO、行政などへ橋渡しし、社会で活用する道筋をつくる事業を行なっている。

活動拠点: 奈良県・香芝市

topへもどる