済生会治験ネットワーク

済生会共同治験の流れ

済生会共同治験事務局にご依頼いただければ、依頼から契約締結までの医療機関との連絡はすべて済生会共同治験事務局が行います。また、済生会グループの全医療機関と連携しているので、一度に79病院への調査はもちろん、19診療所への調査も必要に応じ可能です。

済生会共同治験事務局が依頼を受けると、まず治験実施が可能かどうか、病院長、治験担当者を対象とした調査を行います。また、済生会共同治験の活動に積極的に参加すると表明した治験協力医師の登録制度があり、これらの医師にもダイレクトで調査を行います。2週間程度で調査結果を取りまとめ、その結果を依頼者へ提供し、必要であれば追加調査をします。さらに、訪問調査の際にはアポイントメント調整や訪問前の施設調査票の作成支援を治験事務局が実施します。その後、共同治験事務局が見積もりを作成し、IRB審議へと進みます。なお、IRB審議当日の説明は共同治験事務局員が行うので、事前にプロトコル等の内容を説明していただく必要があります。IRB承認後、各種契約の締結となります。症例追加については、その都度見積書を作成しますので、事務局までお問合せください。

 

 

事前調査可能診療科

  • 消化器内科
  • 内科
  • 循環器内科
  • 呼吸器内科
  • 神経内科
  • 泌尿器科
  • 脳神経外科
  • 麻酔科
  • 内分泌代謝内科
  • 整形外科
  • 心臓血管外科
  • 小児科
  • 外科
  • 消化器外科
  • 放射線科
  • 産科
  • 腎臓内科
  • 耳鼻咽喉科
  • 血液内科
  • 婦人科
  • 透析化
  • 眼科
  • 気管食道科
  • 乳腺外科
  • 感染症科
  • 精神科
  • 形成外科
  • 皮膚科
  • 肛門科
  • リウマチ科
  • 呼吸器外科

治験協力医師数153