ホーム > この人 >  栗山 千明 さん

栗山 千明 さん

栗山 千明 さん
久しぶりの舞台で演じるのは、
毒舌...でも愛されるキャラクター。
本当の私は「慎重派」です。

クールビューティなイメージを吹き飛ばす屈託のない笑顔でカメラの前にあらわれた栗山千明さん。 5年ぶりの舞台で演じる女性と照らし合わせつつ、自己認識から結婚観までちょっと意外な素顔に迫ります。

クールビューティなイメージを吹き飛ばす屈託のない笑顔でカメラの前にあらわれた栗山千明さん。 5年ぶりの舞台で演じる女性と照らし合わせつつ、自己認識から結婚観までちょっと意外な素顔に迫ります。

「お芝居ではピシッとした女性の役をいただくことが多く、クールな印象を持たれているかもしれませんが、本当の私は何事も穏便にすませたいタイプ。ちょっとした言葉で相手を傷つけたくない。だから、言い方もオブラートに包みがちです」と語る。

 一方、今回演じるのは栗山さんとは正反対の毒舌家。健気(けなげ)で優しい婚約者に言いたい放題。同じ女性としてどう思う?
「こういう女性が男性やまわりから愛されることはわかります。機関銃のように本音をぶちまけても『彼女だから仕方ないよね』って。自分が正しいとか正しくないとか関係なく、自信を持って言える人は強いし、素敵だなと思う。でも、もし友達にいたら苦手なタイプかも(笑)」

 結婚式を翌日に控えた男女の物語だが、自身の結婚は「まだ先」のよう。
「今は、仕事以外は一人がいいなと思っちゃいます。自由気ままに一人でご飯を食べに行くのも好きですし、そんなに器用ではないから、旦那さんがいて、相手に合わせつつ自分も好きなことをやる勇気はまだないですね」

 そんな栗山さんの女優人生最大の決断は、15歳で東京へ出てきたことだという。
「子どもの頃から芸能のお仕事で東京に行くことが多かったので、事務所から『そろそろ東京においで』と言われて、ためらいはありませんでした。今、考えれば、女優として食べていけるかどうかもわからない中でよく出てきたなと思います。若いからこそ勇気もあったんですね。『キル・ビル』の出演が決まり、アメリカに渡ったときも臆することなく現場に飛び込めました。大人になった今も、役に飛び込むときの気持ちは同じで、挑戦を続けていきたいと思います」

文:みやじまなおみ 写真:広田成太(機関誌「済生」2017年8月)

このアイコンがついている写真はクリックすると拡大できます

ミッドナイト・イン・バリ ~史上最悪の結婚前夜~

ミッドナイト・イン・バリ ~史上最悪の結婚前夜~

幸子と治は明日、結婚式を控えたカップル。バリ島で式を挙げるためコテージに宿泊しているが、幸子の気持ちは揺れ動き、治への不満が噴出し、治はオロオロ。幸子の母・敏子はそもそもこの結婚が気に入らず、やめるように促す。そこへ治の父・久男が到着するが、その能天気ぶりにその場はさらに混乱。果たして無事に結婚式は挙げられるのか...?

●脚本:岡田惠和
●演出:深川栄洋
●音楽・演奏:荻野清子
●出演:栗山千明、溝端淳平、浅田美代子、中村雅俊
●2017年9月15日(金)~9月29日(金)シアタークリエ(東京・有楽町)で上演予定
10月3日(火)~11月1日(水)全国ツアーチケット好評発売中

栗山 千明 さん

関連情報

吉沢 亮 さん
伊藤 蘭 さん
▲ページトップへ