ホーム >  済生会について > 天皇陛下のおことば

天皇陛下のおことば

社会福祉法人恩賜財団済生会創立100周年記念式典 陛下

平成23年5月30日、済生会は創立100周年を迎えました。本会ゆかりの明治神宮会館で、天皇皇后両陛下をはじめ常陸宮同妃両殿下、本会総裁の寬仁親王殿下ご臨席のもと、記念式典が開かれました。
式典の中で、天皇陛下より「おことば」を賜りましたが、本会は「おことば」を新たな100年に向けた「新済生勅語」と位置づけて、種々の事業に当たっています。

おことば

済生会が創立されて百年、ここに皆さんと共に、その記念式典に臨むことを誠に喜ばしく思います。

済生会は明治四十四年、「無告ノ竆(キユウ)民ニシテ醫(イ)藥(ヤク)給セス、天壽(ジユ)ヲ終フルコト能(アタ)ハサルハ、朕カ最(モツトモ)軫(シン)念シテ措(オ)カサル所ナリ、乃(スナハ)チ施藥救療、以(モツ)テ濟(サイ)生ノ道ヲ弘(ヒロ)メムトス」という明治天皇の勅語を体して創立されました。当時の我が国は国勢こそ盛んになっていましたが、国民の中には、生活に困窮して、医療が受けられない人も多く、深刻な状態にありました。以後、済生会は長年にわたり、この「生命を救う道」を広めるという目的の下、たゆみない努力を続け、各地域における医療と福祉の向上に多大な貢献をなしてきました。ここに今日に至る済生会の歴史の中で、その活動を支えてきた多くの人々の努力に深く敬意を表します。

先の東日本大震災においては、済生会の各地の病院からもいち早く医療関係者が被災地に赴き、現在も引き続き支援が行われていることを誠に心強く思っています。大津波による壊滅的被害が広範囲に及んだこの度の災害では、救援活動を行う環境が厳しく、その苦労は計り知れないものであったと察しています。私どもは幾つかの地域で被災者を見舞う機会を持ちましたが、その折少なからぬ被災者から、救援の人々に支えられていることに対する深い感謝の気持ちを告げられました。そうした中に、済生会の救援活動も大きな役割を担っていたことと、感謝しています。

自然災害の危険が常に存在し、高齢化が進んでいる我が国の社会にあっては、困難な状況に置かれている人々を支えていく済生会の活動は極めて重要であります。済生会が長年にわたって積み重ねた経験を今後にいかし、済生会の活動が人々の幸せに一層資するようになることを願い、お祝いの言葉といたします。

▲ページトップへ