ホーム > この人 >  田中 圭 さん

田中圭 さん

田中圭 さん
プロフ

リード

親しみやすい雰囲気が魅力で、ドラマ、映画、舞台にひっぱりだこ。同世代の中でも出演作品の多い俳優・田中圭さん。同時期にいくつもの顔を演じ分ける集中力はどこからくるのか、また、オフの楽しみについて聞きました。

 多いときは同時期に抱える作品が7本もあったとか。
「今はそれほどではありませんが、常に何本か持っている状況です。ただ、かけもっているときのほうが実は台本も深く読み込むし、集中する。仕事として受けた以上、どの現場にも迷惑をかけられないという意識が十代の頃からしみついているので、自然とそうなりましたね。逆に1本だけに打ち込もうとすると、プライベートと役との切り替えがうまくできなかったり、集中力が散漫になったり。基本的にだらしない人間なんです(笑)」

 3月からは三谷幸喜さん作・演出の舞台に上がる。
「初の三谷作品。多くの俳優陣に愛される三谷さんの世界観ってどんなだろう? という期待感はもちろん、主演の中村獅童さん、松岡昌宏さんはじめ、キャストのみなさんともほぼ初めての共演なので、新鮮な気持ちで三谷ワールドにどっぷりつかりたいと思います」

 タイトルの『江戸は燃えているか』にちなみ、今、燃えているものは?と聞くと「将棋!」と即答。

「将棋は小学校のクラブ活動以来指していて、昨年のドラマ『ドクターX』の撮影現場でなぜか流行(はや)りました。永山絢斗君や段田安則さんがやたら強く、絢斗君には一度も勝てず、久々に将棋盤も買い、友達と指すぐらい熱中しています。コンピュータ相手でもやりますが、レベルが13段階あるうちの上から3番目で対戦したら、成績が120戦9勝で惨敗中。こいつに3連勝するのが今の目標です」

 もう一つ、攻略が難しいのが春の花粉症。「僕はひどいほうなので、気をつけて舞台を乗り切りたいですね」

文:みやじまなおみ 写真:広田成太(機関誌「済生」2018年2月) 
ヘアメイク:西岡達也
スタイリスト:藤井享子

このアイコンがついている写真はクリックすると拡大できます

『江戸は燃えているか』

『江戸は燃えているか』

遊び心あふれる三谷幸喜の新作舞台。時は幕末、描かれるのは歴史に名高い江戸城無血開城の一件。官軍・西郷隆盛に対峙する幕府側の代表は勝海舟だが、実は元来の江戸っ子気質で気が小さいうえに喧嘩っ早い。こんな性格の勝が西郷に会えば間違いなく交渉は決裂、江戸は火の海になると案じた勝家の人々が、庭師の平次に勝のフリをさせ、和平交渉をしてしまおうと画策する。

●作・演出:三谷幸喜
●出演:中村獅童、松岡昌宏、松岡茉優、藤本隆宏、田中圭 ほか
2018年3月3日(土)~26日(月)東京・新橋演舞場


田中圭 さん

▲ページトップへ