ホーム > この人 > 斎藤 工 さん

斎藤 工 さん

斎藤 工 さん
1981年、東京都生まれ。近年の主な出演映画に『逆転裁判』(12年)、『愛と誠』(12年)、『めめめのくらげ』(13年)などがある。テレビドラマでも『大河ドラマ 八重の桜』(13年/NHK)、『ガラスの家』(13年/NHK)、『ミス・パイロット』(13年/CX)、ドラマ版『仮面ティーチャー』(13年/日テレ)など数多くの話題作に出演。さらにドラマ『ぼくのいた時間』(CX)に出演中。2014年公開予定の映画に『ヌイグルマーZ』『抱きしめたい』がある。

学園ヒーローもので、若きエリート官僚役を好演

「"仮面"や"覆面"には、身元が割れないからこそ思いきったことができる強さがあり、それを教育者側が生徒に対して行うストーリー展開に驚きながらも、現代的なリアリティを感じました。このシステムは本当に採用してもいいぐらい」と、落ち着いた声で最新出演作劇場版『仮面ティーチャー』を分析する。
 映画で演じたのは、組織の論理に翻弄(ほんろう)されつつも、自らの信念を貫き、立場を超えて銀の仮面ティーチャー(藤ヶ谷太輔)を応援する若きエリート官僚。「躍動する主人公がいてくれるので、僕はその対極でいようと、内に秘めた温度感を大切にしました。
 ちなみに、斎藤さん自身の学生時代は?と問うと、「もう、くすみまくり(笑)。高校は男子校だったんですけど、ケンカも恋も何もなく、高校時代が真っ平らに見えました。それが怖くて、沢木耕太郎の『深夜特急』をなぞるように、高校1年から自己演出でバックパッカーを始めたんです。若気の至りとわかった上で、あえて危険なことをした経験が、その後の自分を形成していると思います」

 人とのふれあいを大事にしたいと言う。「病院もそうですよね。ただ医療を行うのではなく、そこに働く人の温かさが癒す場をつくり、患者さんを元気にするのだと思います」


文:宮嶋尚美 写真:梶浦政善(2014年2月号)

このアイコンがついている写真はクリックすると拡大できます

劇場版『仮面ティーチャー』

劇場版『仮面ティーチャー』

20XX年、体罰が全面禁止され、無法地帯と化した学校を是正するため、政府により力で生徒を制圧することを許された特別教師が派遣される。「しかし、本当に力で秩序は取り戻せるのか?」一人の仮面ティーチャーの心の叫びが、学校を、教育界を動かしていく。
出演:藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、斎藤工、遠藤憲一他
2014年2月22日(土)全国ロードショー
©2014 劇場版「仮面ティーチャー」製作委員会 ©藤沢とおる/集英社 
配給:ショウゲート


斎藤 工 さん

▲ページトップへ