社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)
2019.07.01

東出 昌大 さん

東出 昌大 さん

この夏一番の挑戦は、
舞台の上で「ゼロ」になること

23歳でモデルから俳優に転身。20代では役に恵まれながらも演じることに悩み、職業を聞かれると「一応、役者」と答えていた東出昌大さん。胸を張って「俺は役者だ」と言えたきっかけについて聞きました。

 この夏、三度目の舞台に臨む。昨年、自身も思い入れのある三島由紀夫・原作の舞台で主演した際、作品や台詞の解釈の違いを共演者とぶつけ合い、寝ても覚めても芝居のことを考え続けた挙句、初日の幕が下りたときに初めて「俺は役者だ」という自覚が芽生えた。
「そうした経験を経て、今回また舞台に立てることが楽しみ」と語る。

 他者になりきって演じるのは容易たやすいことではないが、今作の演出家からもらったある一言が強く心に残っているという。「舞台上で『1』を表現しようとすると『1』にしかならないけど、『0』になる、『こう見てほしい』という表現を排し気持ちだけ心に留めて『0』でその場に存在すると、観客は100にも200にも想像できると。そんな方と舞台に乗り込むんだと思うと、それだけで武者震いがします」

 愛と嫉妬がテーマなだけに、観ているほうも背筋がゾクッとしそうだが、東出さん自身が嫉妬を覚えるのは、「その作品に自分が出たかった」「人としてああなりたい」といった人間的な欲望。「それも以前は嫉妬するばかりでしたが、30代になり、嫉妬するぐらいならで自分が前向きにがんばることで結果は変わると思えるようになりました」

 仕事を離れたオフの楽しみは、山に行き、料理をして寝袋で夜を明かすこと。「情報化社会にわずらわしさを感じて、ときどき切り離されたいと思うんです。携帯の電波の届かないところで一人、虫の音を聞いていると、心が洗われます」

文:みやじまなおみ 写真:安友康博(機関紙「済生」2019年7月)
ヘアメイク:AMANO
スタイリスト:及川泰亮

「二度目の夏」

東出昌大さん「二度目の夏」

湖畔の別荘を舞台に、ある夫婦と夫の親友、そして彼らのまわりの男女が繰り広げる「嫉妬」をめぐるドラマ。裕福な家庭で何不自由なく育ち、美しい妻をめとるなど、誰もがうらやむような人生の半面、物語が進むにつれて嫉妬という自らの感情に押しつぶされ、追い詰められ壊れていく主人公の「夫」を東出さんが演じる。「嫉妬」にさいなまれた男が最終的にとった行動とは? 物語は不穏な結末へと転がっていく……。

●作・演出:岩松了
●出演:東出昌大、仲野太賀、水上京香、清水葉月、菅原永二、岩松了、片桐はいり
東京公演:2019年7月20日(土)~8月12日(月・振替休日)本多劇場ほか、福岡・広島・静岡・大阪・名古屋・神奈川公演あり

東出昌大さん


このアイコンがついている写真はクリックすると拡大できます