ホーム >  済生春秋

済生春秋

第70回 知らないことばかり

 今年から狭いベランダでプランターを置いて琉球朝顔を育てた。8月ごろから毎朝、大...

続きを読む

2018年12月 4日 更新

第69回 ソウルの秋

 短期間でも旅行は、日常生活から離れ、刺激を受け、貴重な経験を得る。 吉田松陰は...

続きを読む

2018年11月 5日 更新

第68回 振り返りはしない

 数カ月前、とある新聞の家庭欄で女性が寄せたエッセイを読んだ。そして、「私と似た...

続きを読む

2018年10月 9日 更新

第67回 予測と対策の法則

 誰でも困難なことを予測し、対策を準備する。 20年以上前のずいぶん昔のことだが...

続きを読む

2018年9月 6日 更新

第66回 元号で歴史を見る

 年を考える時は元号派?それとも西暦派? 若い世代は、年を西暦で考える人が多い。...

続きを読む

2018年8月 6日 更新

第65回 座右の書

 「座右の書を3冊挙げてください」という依頼を、故郷・富山県の地方紙である北日本...

続きを読む

2018年7月 3日 更新

第64回 うっかりミスは起こる

 日曜日の昼前、のんびりと家でEテレの将棋対局番組を見るのが好きだ。 「これはう...

続きを読む

2018年6月14日 更新

第63回 愛鳥週間

 4月末の早朝「ホーホケキョ」と美しいさえずりが聞こえてきた。どこにウグイスがい...

続きを読む

2018年5月 7日 更新

第62回 今年も桜が咲き、散っていく

 3月下旬、上海に出張した。白木蓮の花が見ごろだった。瑞々(みずみず)しい白い花...

続きを読む

2018年4月 6日 更新

第61回 疑似体験でも

 健康のため、65歳の誕生日をもってアルコールをきっぱりとやめた。やめた後、半年...

続きを読む

2018年3月 5日 更新
炭谷 茂

すみたに・しげる

1946年富山県高岡市生まれ。69年東京大学法学部卒業、厚生省に入る。自治省、総務庁、在英日本大使館、厚生省社会・援護局長などを経て2003年環境事務次官に就任。08年5月から済生会理事長。現在、日本障害者リハビリテーション協会会長、富山国際大学客員教授なども務めている。著書に「環境福祉学の理論と実践」(編著)「社会福祉の原理と課題」など多数。

▲ページトップへ