社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)

済生春秋

2015.11.11

第34回 戦国を駆け抜けた武将

私が18歳まで過ごした富山県高岡市の中心に、市民の憩いの場になっている古城公園がある。かつて高岡城が建てられ、春には桜が満開になる。公園の入り口に十字架を懐(いだ)くキリシタン大名の高山右近像が建てられている。

全文を読む

2015.10.13

第33回 保護より機会を

 その週の平日は、全国的に雨がちな日が続いたが、日曜日の10月4日は、すっきりし…

全文を読む

2015.09.07

第32回 フィンランド点描

8月下旬、フィンランドに障害者関係の仕事で出張した。

全文を読む

2015.08.10

第31回 オペラからの伝言

幼いころから音楽は、苦手だった。

全文を読む

2015.07.10

第30回 地震の記憶

「昨夜はベッドから飛び起きたよ」と興奮冷めやらぬ表情だった。

全文を読む

2015.06.05

第29回 衰えぬ情熱と夢

最近続けて、知人3人から著書が送られてきた。いずれの方も私よりも年長である。1冊の本を書くには大変な労力を有するが、それにも増して驚くのは、著書で明らかされる本人の経験や挑戦ぶりである。

全文を読む

2015.05.08

第28回 経験の重さ

5月の連休は、外出する用事がなく、自宅でのんびりと過ごした。締め切りまでには十分に余裕のある論文の執筆を終え、後は読書と長距離のウォーキングに費やした。最近は、これまでに読んだ本を再読することが多い。繰り返して読むことによって知識が再確認される。新しい気づきもある。

全文を読む

2015.04.06

第27回 引っ越し事情

3月末から4月上旬は、引っ越しシーズンだ。
私は、社会に出てから今日まで10回の引っ越しをした。引っ越しは、心身に大きな負担をかける。

全文を読む

2015.03.18

第26回 地方は、立ち上がる

3月15日、北海道国際交流センターの招きで函館に日帰りで出かけた。今年は、3月に入っても北海道は豪雪とニュースで伝えられたので、厚手の旅装に整えた。しかし、当日は、青空で寒くはない。観光客で賑わっていた。海外からの客が目立つのは、円安効果だろうか。

全文を読む

2015.02.10

第25回 北陸新幹線開通

私が高校まで生活した富山県高岡市を通る北陸新幹線は、3月14日に開通する。1月末東京で、高橋正樹高岡市長は「新高岡駅に『かがやき』(停車駅が最少)は、臨時列車の停車が決まった。

全文を読む