社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)

済生春秋

2021.07.01

第101回 初夏の風が吹いてくる

「昨年からコロナになり、仕事もたいへんきびしいなかでやっています」  添えられている手紙に書いてあった。コロナウイルスや蒸し暑い天候を吹き飛ばして、元気に農業に精を出しているようだ。  6月末、埼玉県飯能市に住む原口嵩仁 […]

全文を読む

2021.05.31

第100回 記憶の中の月

5月26日は、スーパームーンの皆既月食という珍しい現象の日だった。1948年以来で、次回は、12年後である。

全文を読む

2021.05.06

第99回 プロの水準 

最近はコロナのため、休日はたいがい家でテレビを見て過ごす。プロ野球実況放送とNHKのEテレの将棋対局を好んで見る。番組での解説者の話は、「さすがプロだ」とプロの技が教えられる。

全文を読む

2021.04.05

第98回 12回の引っ越し

この季節は、引っ越しが多い。この町でどんな人生を送ったのだろうか。 

全文を読む

2021.03.01

第97回 みんなちがって みんないい

「みんなちがって みんないい」
 ダイバーシティの大切さが明確に伝わってくる素晴らしい言葉だ。

全文を読む

2021.01.29

第96回 雑誌の愛読者

小学生や中学生のころ学習研究社(現在の学研)の「○○年コース」という雑誌を買ってもらった。毎月雑誌を開くのが楽しみだった。学校の勉強と劣らない学力を養ってくれた。

全文を読む

2021.01.06

第95回 遠くなる自然

30歳を少し過ぎたころ、福井県で自然保護の仕事をしていた。福井県は、海岸、河川、里山、山岳など自然環境が変化に富み、動植物の宝庫である。楽しく仕事ができた若き日の2年間だった。

全文を読む