社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)
済生春秋 saiseishunju
2021.09.01

第103回 困った時代

「スミヤさんですか?」
 受話器の向こうから問いかけてきた。私の名前を読み違えることは、珍しくない。不動産か先物取引などのセールスの電話だと直感した。
「お父さんですか」と話す。勧誘とは様子が違う。「ご主人ですか」が普通だろう。
「住区センターのトイレに忘れ物をしましたね」と続ける。
 住区センターは、区が設置する区の出張所や区民の集会所などの多目的建物である。住区センターには滅多に行かない。2年前にマンションの理事会があった時に行った程度である。
 全くおかしい。高齢者を狙った詐欺である。
「あなたはどちらさん?」と問うと、20代くらいの若い声で「マサオです」という。おいおい、名前を言う者がいるか。
「忘れ物なら事務所に届けて」と言って、ガチャンと切った。
 どのような詐欺を考えているのか分からないが、不愉快である。
 それよりも気味が悪かったのは、私の自宅の電話番号が分かったことだ。
 公務員時代に脅しの電話や深夜の無言電話など嫌なことが重なったので、NTTの電話帳や公開される名簿には一切掲載していないのだが……。

 日中に警察署から電話がかかり、妻が出る。「ただ今、お住いの地域の高齢者を狙った特殊詐欺の電話が頻発していますので、注意してください」と警告がある。妻は、最初はこの電話自体が怪しいと思ったが、本当に警察署からだった。これが時々あるから、特殊詐欺は、多発しているのだろう。
 通常は留守番電話にしておく。メールも差出人に思い当たらないときは、開かずに削除する。応答がないため、不満を持つ人がいるだろうが、仕方がない。
 新型コロナのために経済は、悪化しているので、この種の犯罪が増加しているのだろう。清く正しく生きる小市民にとって怖い世の中だ。

 済生会にもM資金詐欺など魔の手が近づいてくる。
 数年前、私のところにM資金らしき話が持ち込まれた。善良そうな人が真剣に話すと、「ひょっとしてありがたい話かも」という気になるが、長い間、官庁で法律実務に携わった者にとっては、あり得ない話だと判断がつく。
 昨年夏に舞い込んだのも、筋書きもセリフさえも同じだった。心の中で「世の中、変わらないなあ」とつぶやいた。

 困った時代になったものだ。問題が生じた時は、精通している人・団体、警察・自治体等の行政機関などと相談しながら、複数で対処することにしている。

炭谷 茂

すみたに・しげる

1946年富山県高岡市生まれ。69年東京大学法学部卒業、厚生省に入る。自治省、総務庁、在英日本大使館、厚生省社会・援護局長などを経て2003年環境事務次官に就任。08年5月から済生会理事長。現在、日本障害者リハビリテーション協会会長、富山国際大学客員教授なども務めている。著書に「環境福祉学の理論と実践」(編著)「社会福祉の原理と課題」など多数。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE