ホーム >  ニュース > 岩手県に"復興診療所"オープン
2015年10月 2日

岩手県に"復興診療所"オープン

岩手県に"復興診療所"オープン

岩手県に"復興診療所"オープン

 東日本大震災被災地の復興を支援する済生会の診療所が10月1日、岩手県陸前高田市にオープンしました。計画では、来年12月から同市今泉地区に開設することになっていましたが、「1日でも早く」との住民の声に応え、直線で約1.6キロ離れた竹駒地区に地元スーパーの倉庫を借りて改装し、仮診療所として診療を開始しました。

 午前8時半から初ミーティングが行われ、初代診療所長の伊東紘一・常陸大宮済生会病院名誉院長が「頑張りましょう」と地元採用の6人のスタッフを激励し、9時から診療開始。この間、3人の患者さんが訪れていました。

 第1号の患者さんは、竹駒地区の仮設住宅に住む男性(59)とその母親(89)。今泉地区にあった家が流され、戻りたいと希望を出していますが、土地のかさ上げ工事が進まないのだそうです。「2日に1回透析に通っていますが、血圧が高いので来ました。診療所が今泉にできたら戻っても安心です」。母親も「生まれてから今泉を出たことがなかった。戻って1年でもいいから生きられたら」と話していました。

 同診療所は内科が月火木金が9時から17時、水土は12時半まで。毎週金曜日はさらに整形外科診療が加わりますが、これは関東以北の主な済生会病院から整形外科医が交代で赴いて診療します。さらに、訪問診療も行っていきます。

 震災後、岩手県で本格的な医療施設の開設は本診療所が初めてです。9月28日にはオープニングセレモニー、内覧会、本設診療所の敷地かさ上げ工事の視察などが行われました。伊東所長のほか済生会の炭谷茂理事長、伊藤彬・岩手県済生会支部長らがテープカットを行いました。

本部事務局:経営管理課 樋口 誉顕

関連情報

陸前高田仮設診療所
施設情報陸前高田仮設診療所

(〒029-2203 岩手県陸前高田市竹駒町滝の里1番)

▲ページトップへ