ホーム >  症状別病気解説 >  長引くせき

長引くせき

Prolonged Cough

風邪をこじらせて、熱は下がったのにつらいせきだけが続くことはよくあります。早く止めたい一心で、また原因が分からない不安で、医療機関を転々とされる患者さんがいますが、鼻汁やのどの痛みのあとで急に始まった場合は、十分な睡眠や禁煙など、養生すれば徐々に止まります。診断が付きにくいせき、本当に見逃せない原因は何でしょうか?

チェックポイント

(1) 次のような症状の有無を確認する
  • ・発熱
  • ・寝汗
  • ・息切れ
  • ・喘鳴(息をするとゼイゼイと鳴る)の有無
  • ・胸焼け
  • ・のどの違和感
(2) 次のような環境を確認する
  • ・喫煙歴
  • ・体重変化
  • ・たんの色(黄色、緑色、錆色など、色の付いた痰)
  • ・たんに血が混じる
  • ・夜間の悪化
  • ・降圧薬の内服

症状別解説 代表的な病気での典型的な症状経過を示します。

1.肺や気管支の異常によるもの

高齢者の方や長い喫煙歴のある方で、運動や激しい作業などのあとに息切れがしたり、たんが増えたりする場合はCOPD(慢性閉塞性肺疾患)が疑われます。長い喫煙歴があり、たんに血が混じるときには、肺がんを疑い検査を進めます。せきが急に出だすと止まらない、夜間に悪化するなどの場合、せき喘息が疑われます。

2.内臓の異常や薬剤によるもの

昼間は歩行時に軽い息切れがあり、就寝後に呼吸が苦しくせきが出やすくなり起き上がると楽になる場合、心不全の疑いがあります。胸焼けや、呑酸(どんさん、酸っぱいものがこみ上げてくる感じ)があったり、横になった状態で悪化したりという場合、逆流性食道炎の疑いがあります。せきの出やすくなる降圧薬を飲んでいる方では、薬剤性のせきの可能性があります。鼻がつまる、鼻汁が出る、頭が重い感じはするといった場合、副鼻腔炎の疑いがあります。


中村隆志

解説:中村 隆志 
済生会滋賀県病院 院長代行 
医学博士、日本内科学会総合内科専門医・指導医

滋賀県病院 総合内科

問診での情報交換のコツ 10カ条 (PDF)

関連情報

慢性心不全
症状別病気解説 慢性心不全
胃食道逆流症
症状別病気解説 胃食道逆流症
副鼻腔炎
症状別病気解説 副鼻腔炎
せき喘息
症状別病気解説 せき喘息
COPD(慢性閉塞性肺疾患)
症状別病気解説 COPD(慢性閉塞性肺疾患)
肺がん
症状別病気解説 肺がん

※当欄に執筆した医師の所属・役職は、異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。

▲ページトップへ