社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)

間質性肺炎・肺線維症

Interstitial Pneumonia / Pulmonary Fibrosis

解説:長 澄人 (大阪府済生会吹田病院 副院長)

間質性肺炎・肺線維症はこんな病気

「呼吸」とは、吸った空気(吸気)を気管から続く気道を介して、末端の肺胞という小さな袋にまで運び、肺胞の周りの「間質」の中を流れる毛細血管中の血液に酸素を与えるための作業です。間質性肺炎は、この間質にさまざまな原因による炎症が起こり、壁が厚く硬くなって(線維化)、血液中に酸素が取り込まれにくくなる病気です。症状としては、歩行やそのほか日常生活の中で身体を動かしているとき(労作時)に感じる息切れ、痰(たん)を伴わないせきなどが現れます。比較的ゆっくり進行する病気であるため、症状を自覚した段階ではかなり病気が進んでいることもあります。
線維化が進むと、蜂巣肺(ほうそうはい)と言われるような多数の穴(嚢胞)がCTなどで確認できます(肺線維症)。

間質性肺炎・肺線維症
間質性肺炎・肺線維症のしくみ

間質性肺炎の原因としては、職業上の粉塵吸入やペット飼育などの住環境、薬剤や健康食品(薬剤性肺障害)、関節リウマチ他の膠原病などさまざまなものが知られていますが、原因がはっきりしない間質性肺炎を「特発性間質性肺炎」と呼び、一定の基準を満たすと公費負担の対象となります。

診断のためには、医師の問診・聴診などの診察、血液検査、肺活量などをみる呼吸機能検査、胸部X線やCTなどの画像検査を行いますが、場合によっては気管支鏡や胸腔鏡(きょうくうきょう)などで検査入院を必要とすることもあります。呼吸器科の専門医を受診するのがよいでしょう。

間質性肺炎・肺線維症の治療法

特発性間質性肺炎・肺線維症以外の間質性肺炎は、ステロイドなどの薬がよく効くものもありますので、どのタイプの間質性肺炎であるかの診断が重要です。特発性間質性肺炎・肺線維症は徐々に進行する場合が多く、難治性で今のところ特効薬はありませんが、抗線維化薬やステロイドと免疫抑制薬の併用、NAC(Nアセチルシステイン)吸入などを症状に応じて行います。病気が進行して血液中の酸素が不足すれば、在宅酸素療法が必要になります。

早期発見のポイント

間質性肺炎・肺線維症の主な自覚症状は、徐々に進行する息切れと長引くせきです。初期には身体を動かすことで軽い息切れを感じますが、病気の進行とともに安静時でも息切れが持続するようになります。せきはなかなか止まりにくく、深呼吸や体動時に出やすい傾向があります。通常、痰の出ない空せきですが、気管支拡張症を合併した場合や喫煙量の多い人では痰を伴います。息切れや止まりにくいせきが持続する場合は、風邪をこじらせたなどと自己判断せず、早めに医療機関を受診することをお勧めします。また、関節リウマチなどの膠原病に伴う間質性肺炎では、関節痛が初期症状となることもあります。

健康診断や人間ドック受診での初期発見

初期の間質性肺炎では症状がなく、健診における聴診などの診察、胸部X線や呼吸機能検査で異常を指摘されることがあります。特に、胸部CTでは軽度の変化をとらえることが可能です。健康診断や人間ドックなどの機会は、積極的に活用するのがよいでしょう。

予防の基礎知識

いくつかのタイプの間質性肺炎・肺線維症はタバコによって発症しやすくなるといわれているため、何といっても禁煙することが大切です。喫煙は、肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(COPD)のほか、多くの呼吸器疾患の原因にもなります。
まず、タバコを吸い始めないことが重要ですが、未成年者の喫煙防止には、学校における教育や家庭での取り組みが必要です。喫煙習慣の本質はニコチンに対する一種の薬物依存であると考えられていますので、自発的に禁煙できない場合には、禁煙外来を行っている医療機関で指導・治療を受けることをお勧めします。

特発性間質性肺炎・肺線維症と診断された場合は、急性増悪(慢性経過中に急激な悪化が起きること)の予防が重要です。風邪に似た症状で発症することが多く、ウイルスなどの感染がきっかけになることもあるので、外出時のマスク着用、手洗い・うがいの励行、インフルエンザ予防接種などが勧められます。規則正しい生活によって、過労や睡眠不足などの身体に対する負担を避けることが大切であることは言うまでもありません。

長 澄人

解説:長 澄人
大阪府済生会吹田病院
副院長


※当欄に執筆した医師の所属・役職は、異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。