社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)

腹痛

Stomachache

救急外来で最も多い症状です。高齢の患者さんは、重い病気でも症状が乏しいことがあります。歩くと響く痛みや、押すと痛みが増すといった症状の現れ方や、時間とともに症状が悪化するかどうかが、診断のポイントになります。発熱や激しい痛みが現れたり、腹膜刺激症状があれば、手術が必要となる急性腹症の可能性もあります。胃腸の病気、婦人科系や泌尿器系の病気のほか、心筋梗塞や肺炎などでも腹痛を感じることがあります。

チェックポイント

(1) 次のような症状の有無を確認する

  • ・嘔吐(おうと)
  • ・下痢、血便
  • ・便秘
  • ・腹部膨満感
  • ・頻尿・残尿感・血尿
  • ・不正性器出血
  • ・血圧低下や脱水症状

(2) 次のような環境を確認する

  • ・食事の影響
  • ・最後の食事
  • ・姿勢での変化
  • ・痛む部位の変化
  • ・開腹手術の経験

症状別解説 代表的な病気での典型的な症状経過を示します。

1.下腹部(へそより下の部分)に痛みを感じる

みぞおちの痛みが数時間後に右下腹部に移動する、歩くと痛みが響く、発熱を伴うといった場合には、急性虫垂炎が疑われます。下腹部の痛みに加えて、排尿時の痛みや残尿感が現れる場合には、膀胱炎の可能性があります。また、女性の方で、突然の痛みを下腹部に感じれば、婦人科系の病気が考えられます。

2.下腹部以外に痛みを感じる

開腹手術の経験がある方で、お腹が張る感じ(膨満感)や、嘔吐を繰り返すなどの症状が現れた場合は、イレウス(腸閉塞)の疑いがあります。さらに、発熱や激しい痛みが現れたり、腹膜刺激症状があったりすれば、手術が必要となる絞扼性イレウスの可能性もあります。また、食後や空腹時に痛みが繰り返す場合には、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の可能性があり、それが激痛に変われば、穿孔(穴が開いた状態)も疑われます。

その他腹痛に関連する病気

中村隆志

解説:中村 隆志 
済生会滋賀県病院 院長代行
医学博士、日本内科学会総合内科専門医・指導医

問診での情報交換のコツ 10カ条 (PDF)