社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)

2020.10.28

月経前症候群(PMS)

premenstrual syndrome

解説:左右田 裕生 (兵庫県病院 副院長・診療部長・医療安全管理室長)

月経前症候群(PMS)はこんな病気

月経前症候群(premenstrual syndromePMS)は、月経(生理)が始まる310日ほど前から身体や心にいろいろな症状が起こる病気です。これらの症状は月経の開始とともに弱まったりなくなったりします。月経のある女性のおよそ7080%は月経の前に何らかの不快な症状を感じるといわれていますが、PMSはその症状の程度が強い状態です。症状は軽いものから、日常・社会生活に支障をきたす重いものまでさまざまです。

日本では思春期にやや多いようですが、幅広い年齢層で発症します。

症状が軽い場合には、生活習慣の改善などでよくなることも多いですが、重い気分変調をきたすものは月経前不快気分障害(PMDD)と呼ばれる精神疾患の一つとして考えられることもあり、抗うつ薬などの使用が必要となることも少なくありません。PMSは女性の多くに発症しますが、放置すると精神症状が悪化して、PMDDなどの深刻な精神疾患を引き起こすこともあるため注意が必要です。

PMSの詳しい原因はまだ分かっていません。少し難しい話になりますが、女性特有のホルモンである黄体ホルモンの代謝物に対するGABAA受容体(脳内で神経伝達を仲介)と、セロトニン作動性ニューロン(神経伝達物資に影響を及ぼす神経細胞)との関連性が報告されています。

月経前症候群(PMS)の症状

PMSには身体の症状と心の症状があり、どちらも非常に多くの症状が出現するのが特徴です。これらの症状は、月経の310日ほど前から始まり、月経の開始とともに改善傾向を示します。それぞれの代表的な症状は次の通りです。

身体症状下腹部痛頭痛腰痛、乳房痛、脚のむくみ体重増加など
自律神経失調症状動悸、悪心、めまいなど
精神症状イライラ感、抑うつ不安・緊張感、易疲労感、不眠、無気力、判断力の低下など

重症の場合では、イライラ感や怒りが強くなって他者を無意識に罵倒したり、攻撃したりすることもあります。また、周囲に理解してもらえないつらさから社会的引きこもりになることもあります。

月経前症候群(PMS)の検査・診断

PMSを診断するにあたって、まずは詳しい問診を行なうことが最も重要です。問診によって、症状や発症時期、月経周期、妊娠・出産歴、生活環境などさまざまな項目を確認していきます。

問診の内容をもとに、米国産婦人科学会の診断基準を用いて診断しますが、代表的な症状が現れる時期とその再現性により、次の表のように規定されています。

月経前症候群診断基準(米国産婦人科学会)

過去3回の連続した月経周期のそれぞれにおける月経前5日間に、下記の情緒的および身体的症状のうち少なくとも1つが存在すれば月経前症候群と診断できる

情緒的症状 身体的症状
抑うつ
・怒りの爆発
・易刺激性、いらだち
不安
・混乱
・社会的引きこもり
・乳房緊満感、腫脹
・腹部膨満感
頭痛
関節痛、筋肉痛
体重増加
・四肢の腫脹、浮腫

(出典:産婦人科診療ガイドライン-婦人科外来編2017)

そのほか、月経開始後4日以内に上記の症状が解消し、少なくとも13日目まで再発しないことなど、診断にはいくつかの条件があります。

月経前症候群(PMS)の治療法      

まずはじめに、カウンセリング、生活習慣改善のための指導あるいは運動療法を行ないます。PMSの改善には、有酸素運動を中心とした定期的な適度な運動、禁煙、アルコール摂取制限、規則正しい睡眠や生活、ストレスの解消などが有効とされています。また、カルシウム、ビタミンB6、マグネシウム摂取なども症状を和らげる可能性があります。

これらの対策によっても症状が改善しない場合には、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が配合された低用量経口避妊薬(ピル)が使用されることがありますが、効果は人によって異なります。浮腫や乳房緊満感(乳房の腫れ、硬化、痛み)に対しては利尿薬や鎮痛薬、また多様な症状に対しては漢方薬が使われることがあります。

重症の場合には精神症状が強く現れ、日常生活に支障をきたすことが多いため、抗うつ薬が使用されることもあります。

『月経前は誰でもイライラするもの』と考えがちですが、日常生活や仕事に悪い影響が出ていると感じるようなら、早めに産婦人科を一度受診することをお勧めします。

基礎体温を記録し、症状日記をつけることで、身体や心の各症状の傾向をつかむことができます。その上で食生活や日常の過ごし方を見直すことが大切になります。

左右田 裕生

左右田 裕生
兵庫県病院
副院長・診療部長・医療安全管理室長


※所属・役職は本ページ公開当時のものです。異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連記事

  1. 自律神経失調症(病名から探す | 2017.6.21)