ホーム >  症状別病気解説 >  めまい

めまい

Vertigo

大きく分けて「回転性」「前失神」「ふらつき感」の3パターンの症状があります。症状によって疑われる病気はさまざまですが、中枢神経疾患、突発性難聴、心疾患によるめまいは早期の診断・治療が必要です。

チェックポイント

(1) 次のような症状の有無を確認する
  • ・頭痛
  • ・難聴
  • ・動悸
  • ・顔面のしびれ
  • ・脈が乱れる
  • ・歩行困難が続く
(2) 次のような病歴や薬の有無を確認する
  • ・転倒
  • ・意識消失
  • ・睡眠導入剤、降圧剤の服用

症状別解説 代表的な病気での典型的な症状経過を示します。

1.回転性

景色や天井が、回るように感じます。どのような状態でめまいが起こるか、同時に感じる症状はあるかなども病気を特定するために重要な情報です。寝ている状態から立ち上がったときに起こるが短時間で消失する場合、良性発作性頭位めまいが疑われます。突然聴力が低下した場合、突発性難聴が疑われます。風邪などの前駆症状のあと、数日にわたって続く場合、前庭神経炎が疑われます。

2.前失神

目の前が真っ暗になる、血の気が引く、気が遠くなるといった症状が現れます。原因としては、なんらかの急激な血圧低下や、降圧剤の副作用、脱水症状などが考えられます。重篤な症状としては、脳の血液が不足して心臓の働きが悪くなることを示しているものもあります。

疑われる病気
  • 神経調節性失神
  • 血管迷走神経性失神
  • 不整脈
3.ふらつき感の場合に疑われる病気

宙に浮いた、雲の上を歩くような感覚になります。急に歩行が困難になったり、呂律がまわらなくなったりといった症状が同時に現れる場合には、小脳や脳幹部の血管障害の可能性があり、早急に診断が必要です。

中村隆志

解説:中村 隆志 
済生会滋賀県病院 院長代行 
医学博士、日本内科学会総合内科専門医・指導医

滋賀県病院 総合内科

問診での情報交換のコツ 10カ条 (PDF)

関連情報

前庭神経炎
症状別病気解説 前庭神経炎
良性発作性頭位めまい症
症状別病気解説 良性発作性頭位めまい症
不整脈
症状別病気解説 不整脈
突発性難聴
症状別病気解説 突発性難聴

※当欄に執筆した医師の所属・役職は、異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。

▲ページトップへ