社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)
2017.12.22

天皇陛下より仙台市の済生会乳児院に御下賜金


虐待や育児放棄で被害を受けた子どもを預かる宮城県済生会乳児院(仙台市宮城野区)が、優良民間社会福祉事業施設・団体として天皇陛下の御下賜金を拝受し、その伝達式が12月22日、仙台市役所で行なわれました。郡和子仙台市長(写真右)から小林信行同乳児院院長(同中央)に御下賜金が手渡されました。

同乳児院には済生会こどもクリニックが併設され、子どもの急な受け入れへの対応や健診の実施など、長年、医療も含めた児童福祉に積極的に取り組んできたことを評価していただきました。
郡市長は「貴院は仙台市内で唯一、医療的なサポートができる乳児院であり、今後も児童福祉で活躍してくださることを期待しています」と激励。小林院長は「これからも一人でも多くの子どもが幸せになれるよう、適切な養育と家庭支援を通じて、地域に尽力してまいります」と応えました。

この御下賜金は、社会福祉事業奨励のために、各地域の民間社会福祉事業施設や団体に対し下賜されるもので、天皇誕生日前後に知事・政令市市長から伝達されます。

同乳児院は昭和27年に開設。かつては親の知れない子が圧倒的でしたが、近年は暴力やネグレクトなどの虐待で、親の保護が受けられない子どもたちが増えています。現在、0歳から5歳の乳幼児43人を預かっています。
平成23年の東日本大震災では、ライフラインが寸断され、震災翌日から食糧・水・エネルギーの確保に追われました。食料は取引業者が少ない在庫の中から回してくれ、水は敷地内にある高さ6メートルの貯水槽からバケツリレーで運ぶなどして確保。不安がる子どもたちを抱きしめ続けるなど、職員の心身にわたる献身的な活動で乗り切りました。また、子どもたちの安否情報を東北放送ラジオに依頼して放送してもらい、心配している保護者に「全員無事」を伝えました。

 

宮城県済生会 済生記者:星 容子

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連記事

  1. 新天皇の御代も、済生会は明治天皇のお志を受け継ぎ発展へ(ニュース | 2019.5.1)