社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)
2020.07.17

実効再生産数ってなに?

連日報道される新型コロナの感染状況。記事の中では、普段聞きなれない専門用語も多く出てきます。また、日々発表される感染者数やPCR検査数といったデータも、それから何が分かるのか知らなければ、ただ数の大小に振り回されるだけになってしまいます。シリーズ「コロナのデータを理解する」では、そんなデータの見方や専門用語を解説します。第1回は「基本再生産数」と「実効再生産数」の基本について、正しく理解しましょう。

基本再生産数ってなに?

病原体自体の感染力の強さと考えましょう。“まだ誰もその免疫を持っていない集団の中で、1人の感染者が次に平均で何人にうつすか”を表した指標です。基本再生産数は「R0」の記号で表されます。インフルエンザの基本再生産数はおおよそ1~3、麻疹ではおおよそ12~18と報告されています。

実効再生産数ってなに?

“すでに感染が広がっている状況において、1人の感染者が次に平均で何人にうつすか”を示す指標です。実効再生産数は「Rt」の記号で表されます。感染拡大を防ぐ努力が行われていたり、すでに免疫を獲得している人がいたりする集団の中で、平均で何人にうつるかを導き出す指標なので、時間と共に数値も変化していきます。実施した感染症対策などの効果の評価や、感染状況の未来の動向を予測するための要素の一つとして利用されています。

数値はどう考えればいいの?

1より大きいほど感染力が強く、感染が広がる状況と考えてください。例えばRt=3の場合、これは「1人の感染者から、次に平均で3人にうつる」という意味になります。Rt=3の状態がずっと続いたとすると、うつった3人から次は9人にうつり、そのまた次は27人……と、ねずみ算式に感染者が増えていくことになります。

数値が小さい場合はどうなるの?

1より小さいほど感染力が弱く、感染が収束していく状況になります。例えばRt0.5の場合を考えてみます。「1人の感染者から、次に平均で0.5人にうつる」というのがイメージしづらければ、「2人の感染者から、次に平均で1人にうつる」と考えてください。この場合、次は0.25(4人の感染者から、平均で1人にうつる)、そのまた次は0.125(8人の感染者から、平均で1人にうつる)と、だんだん感染しにくくなっていることが分かるでしょう。つまり、1より小さいほど感染者の割合も徐々に減っていくのです。

新型コロナの実効再生産数って、現状どうなっているの?

北海道大学大学院医学研究院・西浦博教授の監修のもとに、東洋経済新報社が新型コロナの国内の実効再生産数を公開しています(※)。これを見ると、5月17日時点ではRt=0.66だった数値が、6月17日時点でRt=1.26、7月4日時点でRt=1.84と、いったん収束へ向かっていったものの、また拡大しつつある状況になっていることが推測されます。

また、この数値は過去の状況はどうだったのかを把握することにも役立ちます。緊急事態宣言が発出された後の状況を見ると、4月7日時点でRt=2.37だった数値が、4月後半にはRt=1以下まで下がっています。外出自粛などの対策の効果が数値に表れているいえます。

感染者数の動向に加えて、実効再生産数がどのように変化しているかを見ることで、より多角的にコロナの感染状況を考えることができるでしょう。

※ここで算出している実効再生産数は日次更新を原則に、あくまでも報告日ベースの簡易的な計算式によるもので精密ではなく、報告の遅れ等に影響を受ける、陽性者が少ない状況では数値変動が大きくなる場合があるなど、注意して見る必要があります。詳細はリンク先の注釈等をご確認ください

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連記事

  1. 新規感染者数や検査陽性率などの感染の指標から何が分かる?(緊急特集 新型コロナ 生活の中で今、本当に知りたいこと | 2020.10.19)
  2. PCR検査・抗原検査・抗体検査の違いとは?(緊急特集 新型コロナ 生活の中で今、本当に知りたいこと | 2020.9.14)
  3. ウイルスに効く薬をつくるのはなぜ難しい?(緊急特集 新型コロナ 生活の中で今、本当に知りたいこと | 2020.7.31)
  4. コロナってどんなウイルス?(緊急特集 新型コロナ 生活の中で今、本当に知りたいこと | 2020.6.3)