社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)
2020.06.03

第3回 コロナってどんなウイルス?

コロナってどんなウイルス?

毎日毎日、「コロナウイルス」の名前を聞かない日がないくらい。でも皆さん、「コロナ」の意味を知っていますか? 普段何気なく呼んでいる「コロナ」や「新型」という言葉。どうしてそう呼ばれているのか、知っていそうで意外と知らないコロナウイルスについて学びましょう。

コロナウイルスの「コロナ」ってどういう意味?

「コロナ」とはギリシャ語で王冠のことです。太陽を描くとき、丸い太陽の周りにいっぱい線を引きませんか? その線も同じく光冠(コロナ)と呼ばれています。コロナウイルスは、突起の付いた姿がコロナの形に似ていることから名付けられました。太陽がすっぽりと月に隠されてしまう皆既日食が起こったときは、コロナを実際に肉眼でも見ることができます。

電子顕微鏡で見た新型コロナウイルス/米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)提供

なぜ「新型」って呼ばれているの?

文字通り「新種」だからです。1964年、スコットランド人の女性医師・ジューン・アルメイダが最初にコロナウイルスを特定して以来、現在までさまざまなコロナウイルスが知られていましたが、新型コロナウイルスは2019年12月に初めて発見されました。
なお、新型コロナウイルスの正式名は、2020年2月に国際ウイルス分類委員会が命名した『SARSコロナウイルス2(SARS-CoV-2)』です。以前「中東呼吸器症候群(MERS)」という病名が、中東地域に悪い印象を与えることになったことから、WHOは『SARSコロナウイルス2』による感染症名として『COVID-19』を使うよう呼びかけています。

コロナウイルスにはどんな種類があるの?

これまで人に感染するものは6種類知られていました(新型コロナウイルスで7種類目)。いわゆる風邪の10~15%(流行期は35%)は、このうちの4種が起こしているといわれています。残りの2種は、「重症急性呼吸器症候群(SARS)」と「中東呼吸器症候群(MERS)」を引き起こすコロナウイルスです。SARSは2002~2003年、MERSは2012年に世界で流行しましたが、2020年現在も治療法が確立されていない怖いウイルスです。もともと動物に感染していたウイルスが「変異」したものだと考えられています。

変異って、なんのこと?

簡単にいうと、ウイルスの形や性質が変わることです。ウイルスを車に例えて考えてみましょう。工場で車を作ると、基本的にどれも設計図通りにまったく同じものが出来上がります。でも、ウイルスはそうではありません。設計図をもとに作っているにもかかわらず、部品を間違えたり、別の部品をつけてしまったりすることがあるのです。こうして、色が変わったり、ホイールが別のものになったり……と、増殖を繰り返すうちに、マイナーチェンジしてしまうのです。そして数年から数十年に一度、フルモデルチェンジすることがあります。それまで動物にだけ感染していたウイルスでも、フルモデルチェンジすることで、人に感染するようになることもあるのです。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連記事

  1. 第5回 人の役に立つウイルスっているの?(緊急特集 新型コロナ 生活の中で今、本当に知りたいこと | 2020.6.12)
  2. 第4回 感染するとどうして体調が悪くなるの?(緊急特集 新型コロナ 生活の中で今、本当に知りたいこと | 2020.6.5)
  3. 第2回 動物や植物にもウイルスって感染するの?(緊急特集 新型コロナ 生活の中で今、本当に知りたいこと | 2020.5.29)
  4. 第1回 そもそも、ウイルスってなに?(緊急特集 新型コロナ 生活の中で今、本当に知りたいこと | 2020.5.22)
  5. MERS(中東呼吸器症候群)(病名から探す | 2015.6.26)