ホーム >  ニュース > 生活困窮者問題に関わる調査研究を公募
2015年3月17日

生活困窮者問題に関わる調査研究を公募

〈埼玉〉栗橋病院は薬物依存者のリハビリ施設へ無料健診に訪れています(記事とは直接の関係はありません)
〈埼玉〉栗橋病院は、なでしこプランの一環として
薬物依存者のリハビリ施設へ無料健診に訪れています

 済生会は、生活困窮者に医療を提供するために設立され、無料低額診療事業や独自の取り組みである「なでしこプラン」を積極的に推進しています。ただ、社会経済構造の変化に伴い、生活困窮者に関わる問題はますます広がる様相を見せ、解決すべき課題も次々に生じています。
 そこで、現代における生活困窮者を巡る諸課題や支援方策についての調査研究を幅広く募ることになりました。申し込みの受け付けは平成27年4月20日(月)~同年5月22日(金)です。詳しい要領は「公募」ページを参照してください。

 この調査研究の結果は、済生会が社会福祉法人として貢献していくべき生活困窮者に関する諸事業の推進の際の参考と致します。

▲ページトップへ