社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)
2021.06.08

秋篠宮皇嗣殿下に新型コロナ第4波への対応状況をご説明


 済生会は67日、総裁・秋篠宮皇嗣殿下に新型コロナウイルス感染症への病院の対応状況を説明しました。病院の院長らからの直接のご説明は、昨年5月と今年1月に続いて3回目です。

 秋篠宮邸と済生会本部、〈埼玉〉栗橋病院・福井県済生会病院・岡山済生会総合病院・〈大分〉日田病院の4病院をWebで結び、本部から炭谷茂理事長と松原了理事、各病院から院長と看護部長が出席。最初に炭谷理事長が、全国80病院での受け入れ患者数が521日の508人をピークに徐々に減っていると報告しました。

 栗橋病院の感染病床は4床ですが、一般病棟の休止や駐車場にプレハブ病棟を新設して受け入れ病床を70床確保。長原光院長と鮎ヶ瀬光子看護部長は、第4波では若年層で基礎疾患がなくても重症化する傾向がみられると述べました。
 福井県済生会病院の登谷大修院長と脇和枝副院長兼看護部長は、コロナの患者は減っているものの一般患者の受診抑制が続き、また新入職員の研修が思うようにできずメンタル面でのケアにも苦労しているなどと述べました。
 岡山済生会総合病院は改築の際に入院棟と外来棟を分離して効率面で危惧されました。塩出純二院長と三上由美看護部長は、コロナ患者受け入れは入院棟、ワクチン接種は外来棟と分けることができ、感染症対策では逆に有効に機能していると説明しました。
 日田病院のある大分県西部医療圏では、4月から新規感染者が急増。同院では199床のうち51床をコロナ専用病床にして一時は44人を受け入れました。林田良三院長と古賀ゆかり看護部長は、一般病棟から30人の患者を地元医師会の協力で転院させて対応したと述べました。

 秋篠宮皇嗣殿下は、今回の変異ウイルスによる症状に特にご関心を寄せ、さらに受診抑制で一般の患者さんが重症化する恐れがあるとの報告に危惧を示されていました。最後に「皆さんくれぐれもお体に気をつけ、お務めを果たされることを願っています」とおことばがありました。

広報室

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE