社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)

2014.03.31 インドネシア、フィリピンの7人、サクラ咲く!

インドネシア、フィリピンの7人、サクラ咲く!
見事、介護福祉士に合格した松風園の
ジョビさん(左)とエベリン(右)さん

 経済連携協定(EPA)によりインドネシア、フィリピンから来日し、済生会の施設で日本の看護師、介護福祉士を目指す候補生のうち7人が、平成25年度の国家試験に合格しました。

看護師は、新潟第二病院のインドネシア人男女2人と滋賀県病院のフィリピン人女性1人の計3人。介護福祉士は、大阪・吹田特別養護老人ホーム 松風園のフィリピン人女性2人と奈良・介護老人保健施設 シルバーケアまほろばのインドネシア人男性2人の計4人。それぞれ平成22(2010)年以降に来日し、各施設で看護、介護の補助業務をこなしながら、日本語の習得に努め、国家試験対策に取り組んできました。

故国を遠く離れ、雪を筆頭に初めて遭遇した気候の中で、ホームシックや難解な漢字仮名交じり文と格闘。日本特有の配慮や注意深さに戸惑いながらも、必死で「異文化」を吸収してきました。各施設では、特別な学習スケジュールを立てて、専門分野の講義を行うなど全面的にバックアップ。担当者も一緒になって「サクラ咲く」を喜び合いました。

本部事務局企画課:池田 純子