社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)
2015.06.30

秋篠宮同妃両殿下が病院・障害者施設をご訪問

済生会総裁の秋篠宮殿下並びに同妃殿下がお二人で、6月9日、神奈川県の横浜市東部病院重症心身障害児(者)施設サルビアをご訪問になりました。両殿下で済生会を訪問されるのは初めてのことです。

両殿下は、豊田章一郎会長や炭谷茂理事長、神奈川県済生会・正木義博支部長、同院・三角隆彦院長、サルビア・立石格施設長らが出迎える中、午前9時に病院玄関にご到着。三角院長から施設概要のご説明を受けられた後、小児病棟、サルビア、手術支援ロボット「ダヴィンチ」、救命救急病棟を回られました。

サルビアで絵本の読み聞かせ
サルビアで絵本の読み聞かせ
ダヴィンチのデモ操作をご覧になる両殿下(左は中島洋介副院長)
ダヴィンチのデモ操作をご覧になる両殿下
(左は中島洋介副院長)

岩本眞理こどもセンター長の案内で小児病棟をご覧になった後、サルビアを訪問されました。
サルビアは、重度の知的障害・肢体不自由がある人に治療や医療に基づく生活支援をする施設です。両殿下は、職員が入所者に絵本を読み聞かせる様子をご覧になりました。「今日は一緒にお話を聴けて楽しかったですね」と入所者6人に話しかけられ、お顔を近づけて手を握られました。

手術室では、ダヴィンチの操作を体験されました。両殿下は、ダヴィンチで直径1cmほどのプラスチックリングを挟み、落とすことなく三角錐(すい)の模型にひっかけられました。操作を終えられた後は緊張が解けたのか、お二人ともほほえんでおられました。
続く救命救急病棟では、北野光秀救命救急センター長のご説明を受けられました。話がAED(自動体外式除細動器)に触れると、妃殿下は、以前AEDの使い方についてご説明をお受けになったことがあるとお話しされていました。

ご訪問は約1時間で、小児病棟やサルビアといった子ども達のいる場を離れられる際には、何度も振り返り、手を振られていたのが印象的でした。
両殿下のご来臨という大変光栄な機会をいただき、スタッフ一同感謝しております。

済生会横浜市東部病院 済生記者:今野 恵

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連記事

  1. 秋篠宮同妃両殿下、山口の病院・福祉施設をご訪問(ニュース | 2018.10.12)
  2. 秋篠宮同妃両殿下、静岡の病院・障害者施設をご訪問(ニュース | 2016.11.11)