社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)
2015.07.01

性暴力被害者をサポート、栃木で相談窓口を設置

性暴力被害者をサポート。栃木に相談窓口を設置 とちエール
被害者のプライバシーに配慮するため、
設置場所は公表していません

 栃木県の済生会宇都宮病院は県からの委託を受け、「とちぎ性暴力被害者サポートセンター(愛称:とちエール)」を院内に開設、7月1日から相談業務を開始しました。性犯罪・性暴力被害者を支援するための総合的な相談窓口となります。

性犯罪・性暴力被害の窓口は各種ありますが、病院や警察に出向いて何度も被害状況を説明する必要があることから、被害者は泣き寝入りしがちで、また、精神的にさらに傷つく二次被害を受けていました。
サポートセンターはこれらを防ぐことを目的に、各種相談を1カ所で済ませられるよう「つなぎ役」となることで、被害者の心身の負担の軽減と健康の回復を図ります。

相談・支援には女性の看護師と医療ソーシャルワーカーの2人が当たります。電話または来所により相談を受けた後、被害者の希望に沿って、医療支援やカウンセリングを受けられる機関を紹介するほか、必要な情報を共有することで警察への届け出や弁護士への相談を支援します。
また、センターが病院に設置されたことで、被害直後の診察・治療に迅速な対応ができるほか、県内複数の医療機関と連携するため、県内全域で同様の支援を受けられます。

サポートセンターの愛称は、被害に遭った方に寄り添いながら支援・応援する思いを込めて「とちエール」とし、センター長には、「栃木県性犯罪・性暴力被害者ワンストップ支援センター(仮称)設置検討委員会」の委員でもあった当院産婦人科の飯田俊彦主任診療科長が就任しました。
相談しやすい環境づくりや地域への周知啓発などに力を入れながら、運営していきます。

とちぎ性暴力被害者サポートセンター(とちエール)

場所: 済生会宇都宮病院内
相談時間: 平日:9時~17時30分。土曜:9時~12時30分。
いずれも、医療的対応が必要な緊急受付相談は22時まで。
日曜、祝日、年末年始、5月30日(創立記念日)は除く。
専用電話番号: 028-678-8200(ハートにおうえん)

済生会宇都宮病院 済生記者:秋山 綾香

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE