社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい) SDGS rd05
SDGS rd05
2022.06.03

コープみらいが合計6.6トンのお米を済生会に寄付


 生活協同組合コープみらい(本部:埼玉県さいたま市)が、コロナ禍における生活困窮者への支援と日本の米づくりを応援するため、済生会に合計6.6トンの精米を寄贈。6月3日に東京都荒川区の「コープデリ町屋センター」で寄贈式が行なわれました。

 コープみらいは、千葉、埼玉、東京で宅配や店舗事業などを実施。3月から1年間かけて、1都2県の合計47団体のフードバンクや社会福祉協議会等に約200トンの精米を寄贈します。
 そのうち、済生会には〈埼玉〉鴻巣病院と〈東京〉向島病院にそれぞれ毎月300キロが提供され、同院がなでしこプラン(済生会生活困窮者支援事業)の一環として取り組む子ども食堂に役立てられます。

 寄贈式にはコープみらいの新井ちとせ理事長と永井伸二郎副理事長、済生会は炭谷茂理事長と松原了理事、鴻巣病院と向島病院の関係者が出席。コープみらいの新井理事長は「生活に困っている方へ手を差し伸べるには、子ども食堂など地域に根差して活動する方々とのパートナーシップが重要。コープみらいは『助け合いの組織』として地域の活動に積極的に関わり連携していきたい」と述べました。
 済生会の炭谷理事長は「お米の支援は、子ども食堂を通じて集まった人たちとの会話、くつろぎ、つながりが生まれるきっかけにもなる。今回の支援を励みに『誰一人取り残さない』ソーシャルインクルージョンの取り組みを前進させていく」と話しました。

ニュースリリース:社会福祉法人恩賜財団済生会へのお米寄贈式を開催

社会福祉・地域包括ケア課 中村五月

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE