社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)
2011.06.24

東日本大震災:本会、被災地への支援を拡大

本会災害対策本部(本部長・炭谷茂理事長)は山形済生病院に現地連絡事務所(所長・濱崎允同病院院長)を設置して、被災地を支援しています。現地の本会病院や他の医療施設に医師・看護師等を派遣したことに加え、被災地の避難所に簡易診療所を開設。遠隔地に避難してきた人たちの受け入れ施設の救護所でも医療支援を行いました。さらに、4月に入ってからも、各病院交替で現地へ医療従事者を続々派遣し、4月11日現在、全国29の病院・訪問看護ステーション等から医師・看護師・検査技師・薬剤師等204人が被災地に入りました。
被災した患者やお年寄りについても、全国の病院や老人保健施設、特別養護老人ホーム29施設で合計179人(11日16:00現在)を受け入れています。

派遣状況の詳細(6月24日)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連記事

  1. 東北関東大震災:本会、診療班を続々と派遣(ニュース | 2011.3.22)