社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)

2013.12.24 がん患者さんの就労支援を、ハローワークと連携して

がんは、今や不治の病ではありません。治療をしながら、十分、仕事や日常生活を続けていくことができるようになりつつあります。しかし一方で、従来通り働けなくなり、離職に追い込まれる方や、病気を職場に隠し、無理して働いている方も少なくありません。
国が2012年にまとめた「がん対策推進基本計画」にもその考え方が盛り込まれ、生きがいや生活の安定のため、就労への支援が重要となってきています。

がん患者さんの就労支援を、ハローワークと連携して

 福井市の福井県済生会病院は、新たにハローワーク福井と連携し、がん患者さんへの就労支援を開始しました。病院とハローワークが連携してがん患者の就労サポートをするのは全国的にも珍しく、福井県内では初めての取り組みです。

これまでも窓口に寄せられる相談の中には就労に関する内容もありましたが、社会保障制度の紹介やハローワークの案内にとどまっていました。福井県済生会病院ではこの度、約1800m2の大半を患者さん向けの相談フロアとした南館を開設。それを機にがん相談支援室に窓口を設け、医療ソーシャルワーカーや看護師、就労支援担当相談員(労働行政経験者)が患者さんの就労相談に応じる体制を整えました。

相談員は患者さんから治療の状況や希望の職種・就労時間などを聞き取り、さらに体力面や働く上で配慮を要することなどを主治医に確認します。その内容をハローワークの専門援助部門担当者に伝え、雇用情報の提供・個別求人開拓の依頼を申し込みます。必要に応じて患者さんと一緒にハローワークに同行したり、がんという病についてハローワーク担当者に説明したりすることもあります。

今後は、病気のために働くことを諦めてしまっていた患者さんはもちろん、医療が進歩して仕事をしながら治療することも十分可能になってきた実態を企業にも理解していただけるよう、支援を進めていきます。

福井県済生会病院経営企画課:舘 菜摘

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連記事

  1. 「がんと言われても動揺しない社会」目指してシンポジウム(ニュース | 2020.2.3)