社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)

2014.09.23 済生会フェア、秋の小樽市で開催

“地域で活(い)きる済生会”をテーマに「済生会フェア」が9月23日、北海道小樽市の商業施設「ウイングベイ小樽」と済生会小樽病院の2会場で開かれました。昨年の新潟市に続いて2回目です。延べ2500人の方が来場しました。

ウイングベイ小樽の1階「水の広場」では、済生会が行っている医療と福祉サービス、社会貢献事業である生活困窮者支援”なでしこプラン”の活動などを紹介するコーナーが展示されました。

岡崎朋美さん

 3階「ヲタル座」では、北海道済生会・城守支部長の挨拶の後、炭谷茂理事長が障害者や社会的弱者が安心して暮らすためには、住民主体のまちづくりが不可欠で、済生会が果たすべき役割が大きいと講演。午後からは、スピードスケートの岡崎朋美さんが、長野オリンピックで銅メダルを取るまでの道のりや椎間板ヘルニアの手術からの復帰、子育てなどの経験から、挑戦し続けることでリスクは希望に変わると特別講演を行いました。また、「市民健康シンポジウム」では、小樽病院・近藤真章院長を座長に「ロコモ」「メタボリック」「認知症」のテーマで行われました。

病院探検ツアー

 一方、小樽病院では、健康測定会などに加え、小樽B級グルメの一つ「あんかけ焼きそば」の屋台などのお楽しみコーナーがお目見え。子ども達を対象にした「病院探検ツアー」では、いつもは見られない病院の中を探検したり、医師や看護師、薬剤師、放射線技師などの仕事を体験したりしました。また、駐車場では小樽市消防局の協力で「緊急車両試乗会」が開かれ、はしご車がはしごを伸ばすと、その迫力に子ども達が歓声をあげるなど、親子で楽しめるイベントに、病院は一日中大盛況でした。

北海道済生会小樽病院:済生記者 伝法 俊和

関連記事

  1. 小樽病院(施設 | 2012.12.31)