社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)

2019.11.23 千葉・習志野病院で済生会フェア

千葉ジェッツ・島田会長
院内ツアー

 11月23日、「『災害』・『医療』・『福祉』~地域と歩む~」をテーマに、習志野病院で済生会フェアが開催され、地域住民約1,000人が参加しました。

 午前9時30分、小林智院長が開会を宣言。続いて習志野市立第五中学校吹奏楽部がオープニングをにぎやかに飾ってくれました。
 済生会の活動は「災害」も「医療」も「福祉」も地域の皆さんと手を携えていくことです。そのためには済生会をもっと知っていただきたいと催したフェアです。
 今年は全国で自然災害が多く、台風による被害は千葉県でも甚大なものでした。
 同院が災害拠点病院であることから住民の皆さんに「災害」について自衛隊千葉地方協力本部渉外・広報室専門官の市村英一さんが災害活動派遣、習志野病院で日本DMAT看護師でもある仲村孝一看護師が災害に対する備えについての講演会を行ないました。災害はいつ起こるか分からない――。皆さんとても熱心に聞いていました。

 健康測定、院内ツアー、ミニドクター・ミニナース体験と、薬剤師・看護師・社会福祉士による健康相談・福祉相談。対面式個別面談の健康相談・福祉相談では普段から気になっていてもなかなか聞く機会がないようなご相談もあり、話し終えると安心したような表情の人もいました。
 講演会では、バスケットボールBリーグ・千葉ジェッツの島田慎二会長が、短期間でチームをトップクラスに引き上げた秘けつを披露。
「ひきこもりの人とその家族への支援を考える」と題してのシンポジウムでは、対策には周囲の理解と協力が不可欠であることを再確認しました。

 他に模擬店、バザー、ゲームコーナー、野菜販売もあり、チーバくんなど、地域のゆるキャラも駆け付けてくれました。千葉テレビの番組「チュバチュバワンダーランド」の人気キャラクターも登場、子どもたちの大歓声を浴びました。
 フィナーレは再び市立第五中学校吹奏楽部による素敵な演奏でした。

習志野病院 フェア実行委員 入月 勉

関連記事

  1. 奈良病院で済生会フェア、柔道の篠原さんも(ニュース | 2019.10.20)
  2. 開院100周年の福岡総合病院が初のフェア(ニュース | 2019.9.15)
  3. 熊本病院の済生会フェアに2500人(ニュース | 2016.10.2)
  4. 済生会フェア、秋の小樽市で開催(ニュース | 2014.9.23)
  5. 済生会フェア、新潟市で開催(ニュース | 2013.10.2)