社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)
2020.02.09

新潟で済生会学会・総会、全国から2300人



 済生会総裁の秋篠宮皇嗣殿下御臨席の下、第72回済生会学会・令和元年度済生会総会が2月9日、新潟市の朱鷺メッセ新潟コンベンションセンターで開かれ、全国から約2300人が参加しました。
 午後の総会では、炭谷茂済生会理事長の挨拶の後、秋篠宮皇嗣殿下から「おことば」を賜りました。加藤勝信厚生労働省大臣(代理・谷内繁同省社会・援護局長)や花角英世新潟県知事ら来賓の祝辞に続き、功労職員・永年勤続職員の表彰と令和の新時代に済生会が各地域でさらに飛躍していくため、患者・利用者に対するサービスの質の向上や、地域貢献など本会の名誉の向上に寄与した施設を表彰する「済生会令和賞」の表彰が行なわれました。

 学会は、保健・医療・福祉の向上に資するため、済生会の病院や福祉施設が日常的に行なっている研究の成果を発表。全国の病院長が交代で学会長を務めるもので、今回は新潟病院の吉田俊明院長が務め、「新たなる時代へ。未来へ繋(つな)げ、済生会のこころ。」をメインテーマに開かれました。

 午前8時半に吉田院長が開会を宣言、続いて「デザイン思考で未来を創る」と題し、長岡造形大学の和田裕学長が基調講演を行ないました。
 シンポジウムでは、「新たな分野への挑戦:まちづくりへの寄与」をテーマに、炭谷茂理事長ら4氏が登壇、医療や福祉以外にも雇用創出や子育て支援、高齢者の憩いの場の展開について議論を交わしました。その他、医師、看護師、薬剤師、社会福祉士、事務職など各職種が461題に及ぶ成果を発表しました。

 前日には、全国の済生会病院で臨床研修を受けている初期研修医が一堂に会する「合同セミナー」と、臨床研修プログラムをさらに魅力あるものにするための「臨床研修管理担当者研修」、腸内細菌研究の第一人者、理化学研究所の辨野(べんの)義己先生をメイン講師に迎えた無料の市民公開講座も開かれました。

新潟病院 総務課(済生記者) 渡辺佳奈子

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連記事

  1. 済生会学会初、ユニークな公開健康講座に300人(ニュース | 2020.2.8)
  2. 「うんち博士」辨野先生の無料講演会、新潟市で(ニュース | 2020.1.22)
  3. 富山で済生会学会・総会、全国から2400人(ニュース | 2019.2.24)
  4. 福岡で済生会学会・総会、全国から2600人(ニュース | 2018.2.18)
  5. 横浜で済生会学会・済生会総会、全国から2500人(ニュース | 2017.1.29)
  6. 大阪で済生会学会・済生会総会、全国から2389人(ニュース | 2016.2.28)
  7. 福岡で済生会学会・済生会総会、全国から2518人(ニュース | 2015.2.15)
  8. 東京国際フォーラムで済生会学会・総会、2700人参加(ニュース | 2013.10.28)
  9. 第65回済生会学会・平成24年度済生会総会(ニュース | 2012.10.24)