社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)

2019.10.20 奈良病院で済生会フェア、柔道の篠原さんも

バーチャルリアリティーの手術体験
篠原さんとのトークショー

 済生会の活動への理解を深める済生会フェアが10月20日、奈良病院で開催され、約1,200人が来場しました。

 同院では、毎年秋に市民公開講座やパネル展を実施していますが、平成元年10月に奈良市八条町に移転してから30年を迎えるにあたり、済生会の活動を市民にもっと知ってもらうため、今年は「済生会フェア」を開催。無料の健康測定やリハビリ体操、子どもも楽しめる薬剤師体験などが行なわれました。

 午前9時45分、フェア実行委員長の岡橋孝治郎副院長の開会挨拶に続き、創作太鼓集団「琉球國祭り太鼓」のメンバー約20人によるダイナミックなバチさばきによる沖縄伝統芸能エイサーが開幕に花を添えました。
 その後も、保育園児による鼓笛隊や和太鼓、チェロ奏者・松原光さんのコンサート、梅花女子大学チアリーディング部レイダースの演技も披露され、芸術の秋・スポーツの秋にふさわしいイベントが盛りだくさんでした。

 病院内ではバーチャルリアリティーを用いた手術体験を午前と午後に分けて10回実施。人工膝関節置換術を想定した場面で、親子で参加した小学生は「手術器具のドリルをつかむところが難しかった。手術室の窓から山が見えて本当にそこにいるようで楽しかった」と話していました。このほか、薬剤師と一緒に行なう調剤体験や、白衣を着て記念撮影をすることができるコーナーには、多くの親子連れの姿がありました。また、同院の医師による「がん」「認知症」「スポーツ障害予防」など5科目について公開講座を実施。メモを取りながら熱心に聞いていました。

 午後は、2階会議室で特別講演を実施。済生会の炭谷茂理事長が、「地域と歩む済生会~済生会が目指すこと~」と題し、済生会は外国人や障害者、刑務所出所者など生活困窮者に対する問題に、地域の住民とともに一緒になって取り組んでいきたいと訴えました。続いて、1階の特設ホールでは柔道家でタレントの篠原信一さんによるトークショーとサイン会・握手会を実施。会場からの「試合で緊張しないコツは何ですか」との質問に対し篠原さんは「スポーツに限らず勉強でも、普段から100%の力を出すこと。そうすれば本番で『こうしておけばよかった』と思わずに全力を出すことができる」と満員の聴講者に向けて語っていました。

奈良病院 済生記者 岩田 亮

関連記事

  1. 今治病院で済生会フェア、西川ヘレンさん講演、済生丸見学ツアーも(ニュース | 2019.11.10)
  2. 開院100周年の福岡総合病院が初のフェア(ニュース | 2019.9.15)
  3. 宇都宮病院が初のフェア、平野早矢香さんも(ニュース | 2019.9.8)
  4. 奈良病院(施設 | 2012.3.8)