社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)

2019.09.08 宇都宮病院が初のフェア、平野早矢香さんも

 済生会フェアが9月8日、〈栃木〉宇都宮病院で開催され、約4,200人が来場しました。

 同院では、中学生とその保護者を対象に手術縫合体験や内視鏡トレーニングなど、医師を志すきっかけを提供する体験学習「ブラック・ジャックセミナー」を実施していますが、今回は済生会の活動をもっと知ってもらうため、大人から子どもまで楽しめる「済生会フェア」を初めて開催。無料の健康測定、医療・介護相談、健康教室など40を超えるプログラムが行なわれました。

 午前10時、屋外ステージで行なわれた開会式で小林健二院長が開会を宣言。栃木県のマスコットキャラクター「とちまるくん」と宇都宮市の「ミヤリー」も来場者を出迎えました。

 骨密度や肺年齢を測ることができるコーナーでは、開場と同時に整理券が配付終了となる人気ぶり。手術室や検査室を見学できる院内探検ツアーに親子で参加した小学生は「電気がたくさんあってとっても明るい!」と手術室の明るさに驚いていました。同院は救急や災害医療の県の中核病院ということもあり、救急車の見学やマネキンを使った心臓マッサージ体験コーナーも人気でした。

 午後は、南館2階「みやのわホール」で記念講演を実施。済生会の炭谷茂理事長は、「これからの済生会は、病院や福祉施設で限られたサービスだけを行なうのではなく、人と人との結びつきを強めるため『ソーシャルインクルージョン計画』を策定し地域全体の発展に貢献する」と訴えました。続いて、栃木県鹿沼市の出身で、2012年ロンドン五輪・卓球女子団体銀メダリストの平野早矢香さんが、「昨日の自分より一歩前へ~卓球から学んだ挑戦することの大切さ~」と題し講演。現役時代、鬼気迫る形相で相手選手と対峙(たいじ)したことから”鬼の平野”と呼ばれた。「私が大切にしてきた言葉は『日々前進する』。自分の周りには才能があふれる選手がいたが、彼らと比較するのではなく、『昨日の自分に勝つんだ!』という思いで競技してきた」と卓球を通じて得たメンタルの鍛え方を披露しました。

 

宇都宮病院 済生記者 宮﨑 彩

関連記事

  1. 開院100周年の福岡総合病院が初のフェア(ニュース | 2019.9.15)
  2. 群馬・前橋市で済生会フェア、荻原次晴さんトーク(ニュース | 2018.9.8)
  3. 横浜で済生会フェア、中畑清氏のトークショーも(ニュース | 2018.6.10)
  4. 栃木県済生会宇都宮病院(施設 | 2012.11.7)