社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)

2015.10.25 今年度最後を飾り、熊本で「済生会フェア」



地域の皆さんと楽しく健康を考える「済生会フェア」が10月25日、熊本県宇城市の済生会みすみ病院で開かれました。「ひろげようみんなでつくる地域の輪~元気と笑顔 健康寿命~」をテーマにラジオの公開放送も行われ、気温28度と夏を思わせる強い日差しの中、同院ではこれまで最高の1100人が訪れ〝お祭り〟を楽しみました。

同院では6年前から「健康フェスタ」を開いていますが、今回は済生会本部(東京)との共催で実施、各イベントを拡大して行いました。屋外の特設ステージでは、炭谷茂理事長が「激動する社会、済生会が目指すこと」と題して記念講演。市民公開講座として藤岡正導院長はじめ同院の医師3人が「脳卒中と認知症」「生活習慣病」「がん」をテーマに、予防法や病気との付き合い方など、ポイントを絞って分かりやすく解説しました。

落語の独演会では、古典と新作をこなす多才ぶりで知られる三遊亭歌之介師匠が、健康の大切さを盛り込んだ鹿児島なまりのお話を披露、会場を沸かせました。熊本放送の人気司会者・木村和也氏によるトークショーやラジオ番組「柿木珈琲店」の公開生放送も行われました。

屋内には、健康相談やプチ健診、アロマ足浴、放射線測定体験など20ブースをそろえたコーナーが設けられ、来場者はスタンプラリーをしながらさまざまな〝お店〟を回り、笑顔で買い物券をゲットしていました。

医療と福祉の連携をテーマに、済生会本部と各都道府県支部・施設が共催で取り組む「済生会フェア」。これまでは年1回でしたが、3年目を迎えた今年は埼玉県済生会川口総合病院大阪府済生会吹田病院福井県済生会病院で開催。4回目の熊本みすみ病院が最後を飾りました。来年度も、全国で開催する予定です。

済生会みすみ病院:企画総務室 高橋 直輝

関連記事

  1. 福岡・飯塚嘉穂病院で済生会フェア(ニュース | 2017.11.3)