社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい) SDGS rd05
SDGS rd05
2022.02.27

秋篠宮皇嗣殿下ご臨席の下、済生会110周年式典

式典(第一部)
シンポジウム(第二部)

 済生会は今年度、創立110周年を迎え、総裁・秋篠宮皇嗣殿下ご臨席の下、227日、東京都港区元赤坂の明治記念館で記念式典を開催しました。新型コロナウイルス感染症対策として出席者は本会役職員124人に絞り、座席の間隔を70センチから1.5メートルとし、全国の済生会施設にWebで配信しました。

 国歌演奏に続き、炭谷茂理事長が「生活困窮者を取り巻く問題は複雑化し、さらに新型コロナのまん延で社会の分断が激しくなっている。済生会は誰一人取り残さない地域社会を実現するため、新たな事業の展開を視野に住民の健康と暮らしをどこまでも守っていく」と式辞を述べました。松原了本部理事が済生会の10年間の活動をスライドにまとめて紹介。秋篠宮皇嗣殿下から全役職員に向け、おことばを賜りました。

 創立100周年からの10年間に功績のあった57人と1団体が特別表彰され、代表の福岡総合病院・岡留健一郎名誉院長に、秋篠宮皇嗣殿下から表彰状が授与されました。

 式典の後、第二部として「済生会の明日を語る」と題してシンポジウムが開かれました。炭谷理事長が提言・進行を行ない、シンポジストとして全国済生会病院長会の園田孝志会長(佐賀・唐津病院院長)、岡山県済生会の岩本一壽支部長、東京・中央病院の佐藤弘恵広報室長(看護師)、山形・特養ながまち荘の会田るみ業務主査(介護福祉士)が登壇。これからの時代に済生会の理念に基づいて支部・病院が向かうべき方向、在宅患者への支援やソーシャルインクルージョンの理念に基づき誰一人取り残さない地域社会の実現に向けた方策について意見を交わしました。

 済生会は明治44(1911)年5月30日、明治天皇の「生活に困っている人たちに無償で医療を施す施薬救療の団体を」との勅語(おことば)に基づき、創設されました。以来110年にわたり医療・福祉事業を展開し、現在は日本最大の社会福祉法人として創設の理念を現在のかたちに合わせたソーシャルインクルージョンに基づく1641もの事業を展開しています。

※写真をクリックすると動画再生ページ(第一部・第二部)に移動します

済生会本部広報室

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE