社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)
2020.05.22

総裁・秋篠宮皇嗣殿下ご一家から手づくりガウン

宮内庁職員(左2人)から届けられたガウンとメッセージ

 新型コロナ感染症と戦う病院で役立ててと、秋篠宮皇嗣殿下ご一家5方と宮内庁の職員が手づくりされた医療用ガウンを済生会病院に賜りました。市販のビニール袋を加工したもので、5月15日には東京・中央病院に100着、22日には済生会本部事務局に200着が届けられました。中には、医療従事者への応援と感謝の言葉がつづられた手書きのメッセージが添えられていました。

 ご一家のガウンづくりは5月11日、総裁に同院をはじめとする済生会病院の新型コロナへの対応をご説明するテレビ会議がきっかけでした。皇嗣同妃両殿下が、医療現場で防護服が不足し中央病院では職員がごみ袋を加工してしのいでいるとの説明を受け、作り方にもご興味を示されました。このため、翌日、同院の樋口幸子看護部長が“設計図”をメールでお送りしました。

 3日後の15日夕、突然、宮内庁の職員が段ボールに入ったガウン100着をお届けくださいました。宮様ご一家と職員の方々が、ビニール袋を切り、両そでを養生テープで貼るなど手づくりされたものとのことでした。同院の職員が他の済生会病院にも配ったほうがいいのではと思案していたところ、今度は22日に、「必要とされる病院に」と本部事務局に200着をお届けくださいました。

 それぞれの箱には、宮様方と各職員手書きのメッセージが同梱されており、役職員一同、2度のサプライズ以上に感激しました。
「心から感謝申し上げます」「感染するリスクがある中、闘ってくださり感謝しかありません」「くれぐれもお身体をおたいせつに」「皆様の頑張りによって救われております」「1人でも多くの患者さんが救われますよう、心から応援しています!」
 これらお言葉の数々と一所懸命作られたガウンに、ともすれば感染への恐怖と風評被害でくじけそうになる職員の心に、また勇気が湧いてきました。

 さらに、29日、本部事務局に追加で200着のガウンと手書きのメッセージが届けられました。

本部広報室 河内淳史

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連記事

  1. 日本維新の会から新型コロナ対策で済生会に寄付金(ニュース | 2020.5.19)
  2. 新型コロナウイルスで秋篠宮皇嗣殿下からメッセージ(ニュース | 2020.5.18)
  3. 新型コロナウイルス・ワクチン開発支援の署名活動「Sign For Life」に賛同を(ニュース | 2020.4.27)
  4. 中国人留学生が武漢へマスク。山口地域ケアセンターが調達支援(ニュース | 2020.2.4)