社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)

2019.04.25 外国人と日本で共生する地盤を作る|ソーシャルインクルージョン

2019年4月1日の入管法改正で「特定技能」による外国人の就労が認められるようになり、今後5年間で約34万人もの外国人の受け入れが見込まれている。しかし、コミュニケーション面での課題など、彼らが地域で生活するにあたり多くの壁が立ちはだかる。その壁を取り除くべく活動してきたのが「NPO法人多言語センターFACIL(ファシル)」だ。外国人向けの翻訳・通訳業務をメインに、外国人向け観光ツアーの企画や地域イベントへの外国人講師派遣など、ユニークな取り組みも多数。拠点のある神戸へ創設者を訪ねた。

 

ソーシャルインクルージョン

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE