社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)
2014.03.18

広がりつつあるDCAT


3月11日、災害時に介護職員が出動するDCAT(Disaster Care Assistance Team=災害派遣福祉チーム)を編成している山形県東村山郡山辺町の済生会特別養護老人ホーム やまのべ荘で、大規模災害に備えた防災訓練が行われました。

DCATは、国のDMAT(災害派遣医療チーム)にならって山形県済生会支部で構想し、同支部の特別養護老人ホーム3施設でいち早く発足。同県村山地区の各施設が、災害時相互応援協定を結んで順次編成しつつあり、同県も来年度以降、登録体制を整備する計画を進めています。

訓練では、山辺町を震源とする震度6弱の直下型地震が発生し、ライフラインが一部寸断されたと想定。済生会をはじめ、村山地区の43特別養護老人ホームから介護職等がDCATとしてやまのべ荘に派遣されました。入居者を建物から避難させたほか、他の特別養護老人ホームに福祉避難所を開設して、利用者を移送。炊き出し訓練や今後の広域的支援体制の構築に向け、宮城県老人福祉施設協議会にも応援を要請し、NPO法人市民航空災害支援センターのヘリによる物資の輸送訓練も展開されました。

村山地区の老人福祉施設は、各市町村が特別養護老人ホーム等を福祉避難所として指定するように働きかけており、現在、9市町村54施設が指定を受けています。今回の訓練では、迅速かつスムーズに福祉避難所を開設し、要援護者を受け入れるための課題が明確となりました。さらに、DCATは介護福祉士を中心に編成されていますが、メンバーは「防災士」の資格を取得して災害派遣に備えるよう準備を進めています。

特別養護老人ホーム ながまち荘済生記者:岩﨑 勝也

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連記事

  1. 西日本豪雨災害で済生会DCATが出動、被災地の高齢者らをケア(ニュース | 2018.7.20)
  2. 台風被害の岩泉に、済生会DCATを派遣(ニュース | 2016.9.7)
  3. 熊本地震で日本初のDCATが出動(ニュース | 2016.4.19)
  4. 東日本豪雨にDMAT派遣、済生会からも4病院が(ニュース | 2015.9.18)
  5. DCAT(災害派遣福祉チーム)を編成、初の訓練を実施(ニュース | 2013.3.11)
  6. 災害援助活動(固定ページ | 2013.1.1)