社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)
2020.09.02

コロナ禍だからこそ治療しよう ①心臓・血管の病気

新型コロナウイルス感染症が収まらない中、重症化リスクについてさまざまな情報が飛び交っています。現状ではまだ分からない点も多く、本来治療が必要な患者さんが外出自粛し病院の受診を控える傾向がみられます。本シリーズでは、重症化リスクが高いとされる病気を取り上げ、日常生活や治療の上で注意することなど、専門医による正しい知識をお伝えします。第1回は心臓や血管の病気について、福岡総合病院・循環器内科部長の野副純世先生が解説します。

心血管系の持病がある人は、新型コロナが重症化しやすい

心臓病や動脈硬化など心血管系の持病がある人は、新型コロナウイルスに感染しやすく、重症化もしやすいといわれる基礎疾患の一つです。理由としては、心血管疾患のリスク因子と、新型コロナウイルスの感染及び重症化のリスク因子が重複していることが挙げられます。

例えば高齢、高血圧糖尿病肥満などは、動脈硬化や血栓症を引き起こす原因になります。すると血液と酸素が十分に行き渡らず、心臓にも負担がかかるため、心血管系の病気を引き起こすリスク因子になります。そしてこれらの病気にかかると、病原体を排除する免疫細胞(リンパ球、マクロファージなど白血球)の働きが弱まり、ウイルスにも感染しやすくなります。


新型コロナウイルスは、ウイルス表面にある突起状のスパイクタンパク質を鍵、細胞表面にある
ACE-2(アンギオテンシン変換酵素Ⅱ)というタンパク質を鍵穴(受容体)として細胞内に侵入、感染します。ACE-2は気管支や肺などの上皮細胞に多く存在しているため、気管支や肺がウイルスの主な侵入口となります。高血圧や心血管疾患の患者にはACE-2の発現が多くなっており、それが新型コロナウイルスの感染のしやすさに関係しているという説もありますが、確かなところは分かっていません。

また新型コロナウイルスに感染した患者のうち、重症患者の多くに血栓症がみられたとの報告も出て来ています。

原因としては、①ウイルスの血管壁への直接的な攻撃によって血管壁が傷つき血液が固まって血栓ができる、あるいは②本来は、ウイルスから身体を守るために免疫細胞から放出される情報伝達物質「サイトカイン」が、過剰な免疫反応によって大量に産出される「サイトカインストーム」(免疫暴走)を引き起こして血栓ができる、といったことが考えられていますが、現状ではまだ分かっていないことも多いです。血栓は全身のどこにでも生じる可能性があり、心筋梗塞脳梗塞肺塞栓(エコノミークラス症候群)などの原因にもなります。

心臓病の中でも、特に危険性がある人は?

新型コロナウイルスが心血管系に与える影響は、直接的なものと間接的なものがあります。新型コロナウイルスが増殖する主な場所は気管支や肺ですが、心臓の細胞にも炎症を引き起こすことがあります。

心筋細胞の炎症が強いと心臓のポンプ機能が低下するため、心不全を引き起こします。さらに新型コロナウイルスがもたらす高熱や肺炎による酸素取り込みの低下は、間接的に心臓の負担となります。内分泌ホルモンの影響や炎症ストレスにより、不整脈も起きやすくなります。もともと心臓のポンプ機能が低下している場合や、心臓の血管(冠動脈)が狭い人は、重症化しやすくなるため注意が必要です。

何に注意して日常生活を送ればいいの?

新型コロナウイルスはまだデータが十分ではなく、現時点では特効薬やワクチンもありません。よって感染予防が最も重要となります。「3密を避ける」、「ソーシャルディンタンスを保つ」、「人がいるところではマスクを着用する」などの感染対策を心がけましょう。

また現在、新型コロナウイルスを危惧して医療機関への受診を控える傾向にあります。異常の早期発見が重症化の抑制につながりますので、心血管疾患をお持ちの方は適切に受診するようにしましょう。

新型コロナウイルスに感染していなくても、現在の私たちは血栓症の危険にさらされています。今のような自粛生活に夏の暑さが加わると、肺塞栓症(エコノミークラス症候群)を発症しやすくなります。

運動不足や脱水によって足の静脈にできた血栓が全身に飛んでいき、肺の血管に詰まると胸痛呼吸困難、血圧低下などの症状が出て、死に至る場合もあります。脱水熱中症に気をつけながら、適度に運動することが重要となります。家の中での軽いストレッチでも予防することができるので、積極的に行なっていきましょう。

参考資料(海外論文)
・J Am Coll Cardiol. 2020 May 12;75(18):23522371
・Hum Vaccin. Jan-Feb 2011;7 Suppl:94-8

・Thromb Res. 2020 Jul;191:145-147

野副 純世
PROFILE
野副 純世 福岡総合病院 循環器内科 部長

2001年 九州大学医学部 卒業
2001年 九州大学医学部付属病院 入職
2007年 福岡総合病院 入職
2012年 同院 循環器内科 部長
現在に至る
循環器専門医、総合内科専門医、不整脈専門医、日本心血管インターベンション専門医

※所属・役職は本ページ公開当時のものです。異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連記事

  1. コロナ禍だからこそ治療しよう ④肥満(緊急特集 新型コロナ 生活の中で今、本当に知りたいこと | 2020.11.24)
  2. コロナ禍だからこそ治療しよう ③高血圧(緊急特集 新型コロナ 生活の中で今、本当に知りたいこと | 2020.11.13)
  3. コロナ禍だからこそ治療しよう ②糖尿病(緊急特集 新型コロナ 生活の中で今、本当に知りたいこと | 2020.9.7)
  4. 新型コロナで重症化リスクに? 夏場の血栓はコワい(病気解説特集 | 2020.8.14)
  5. 体重増加(症状から探す | 2020.7.30)
  6. コロナを転じて禁煙となす(緊急特集 新型コロナ 生活の中で今、本当に知りたいこと | 2020.5.29)
  7. ホントは怖い「仮面高血圧」(病気解説特集 | 2019.2.11)
  8. 慢性腎不全(病名から探す | 2018.4.11)
  9. 心房細動(病名から探す | 2015.9.7)
  10. 慢性腎臓病(CKD)(病名から探す | 2015.6.5)
  11. COPD(慢性閉塞性肺疾患)(病名から探す | 2014.5.14)
  12. 肺塞栓症(エコノミークラス症候群)(病名から探す | 2013.7.1)
  13. 脳梗塞(病名から探す | 2013.2.1)