ホーム >  症状別病気解説 >  全身性エリテマトーデス

全身性エリテマトーデス

Systemic Lupus Erythematosus

解説:荻原 貴之 (群馬県済生会前橋病院 内分泌・糖尿病内科代表部長)

全身性エリテマトーデスはこんな病気

自己免疫反応によって多臓器が同時に障害される原因不明の疾患です。英名Systemic Lupus Erythematosusの頭文字を取って、SLEと呼ばれることもあります。日本人の発症は10万人に100人程度とされており、男女比はおよそ1:10で女性に多く、さらに年齢は20~40歳が中心で出産適齢期と一致します。家族内発症の報告があることから、遺伝的因子の関与が考えられており、それに紫外線や感染、喫煙などの環境因子が加わることにより自己免疫の状態になってしまうと考えられています。

SLEの代表的な症状としては、38℃を超える発熱、関節痛、蝶形紅斑(ちょうけいこうはん)と呼ばれる鼻から両頬にかけて現れる蝶のような形をした皮膚の赤み、手や足の指が蒼白になりその後赤紫色に変色して元に戻るというRaynaud(レイノー)現象、さらには尿蛋白などがあり、そのほか頭痛やけいれんなどの神経症状、胸水や心嚢液の貯留、白血球の減少などが見られることがあります。血液検査では抗核抗体をはじめ各種の自己抗体が検出されます。SLEでは特に「抗二本鎖DNA抗体」が検出されることが知られており、活動性の指標に用いられています。また、「血清補体価」が低下していることも多く、他の炎症性疾患の多くでこの値が上昇することとは対照的で、SLEを診断する際の根拠になり得ます。

また、SLEで頻度が高く予後に大きな影響を与える腎炎(ループス腎炎)では、腎生検が治療方針の決定、予後の推定のために重要です。

図:蝶形紅斑のイメージ
蝶形紅斑のイメージ

こうした症状や血液検査の成績から米国リウマチ学会の診断基準をもとに、感染症や悪性腫瘍を鑑別し診断を行います。現在治療にはステロイド薬、免疫抑制薬が使われていますが、それらの必要性や、どういう治療を行なうかといった判断はSLEの疾患活動性を評価した上で行います。診断技術の向上や新しい治療法の登場などによって早期の診断、適切な治療が可能となり、近年予後が改善しています。

早期発見のポイント

SLEは様々な症状を呈することから症状のみからの早期発見は困難と考えられます。原因不明の発熱や関節痛が持続する場合や、検診で蛋白尿を指摘された方は早めに専門の医療機関を受診することが良いでしょう。

予防の基礎知識

SLEの発症には遺伝的要素の関与が考えられていることから、近親者でSLEに罹患した人がいれば注意は必要ですが、必ずしも発症するわけではありません。しかしながら、SLEは海水浴やスキーなどで紫外線を浴びたり、風邪などのウイルスに感染したりといったことのほかに、喫煙などが誘因となることが知られており、遺伝的素因があると考えられる場合はそれらをなるべく避ける必要があるでしょう。

荻原 貴之

解説:荻原 貴之
群馬県済生会前橋病院
内分泌・糖尿病内科代表部長

※当欄に執筆した医師の所属・役職は、異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。

ナースから、ありがとう

特集記事

▲ページトップへ