社会福祉法人 恩賜財団 済生会(しゃかいふくしほうじん おんしざいだん さいせいかい)

2020.01.15

慢性硬膜下血腫

chronic subdural hematoma

解説:丸山 邦隆 (富山病院 脳神経外科)

慢性硬膜下血腫はこんな病気

頭部外傷後、通常1~2カ月かけて、頭蓋骨の下にある硬膜(脳と脊髄を覆う膜の一つ)と脳の間にじわじわと血液がたまって血腫ができる病気です。血腫が大きくなり脳を圧迫することで、頭痛、物忘れ、認知症によく似た症状(意欲の低下、性格の変化、反応の低下など)、歩きにくさ、片方の手足に力が入らないなどさまざまな症状をきたします。高齢者に多くみられ、人口10万人あたり年間1~2人程度が発症するとされています。

正面から見た脳の断面

慢性硬膜下血腫の原因

脳の片側に血腫が形成されることがほとんどですが、約10%の頻度で両側に形成されることがあります。軽い頭部外傷(打撲など)が原因とされていますが、外傷歴がはっきりとしない場合もあり、酔った状態で転んだ、ドアに軽く頭をぶつけたなど本人が覚えていない場合もあります。

慢性硬膜下血腫の診断・治療

診断は頭部CT、MRI検査にて行ないます。
血腫が小さい場合は自然に治癒することもありますが、極めてまれです。通常は外科的治療が必要となります。
外科的治療の基本は穿頭ドレナージ術です。これは比較的短時間で終了する手術法で、まず、局所麻酔下に頭の皮膚を3cmくらい切開して頭蓋骨に1cmほどの穴を開け、細い管(ドレーン)を入れて血腫を洗浄します。その後、管を入れたまま傷を閉じ、およそ1日、そのままの状態で残った血腫を流出させた後に、管を抜去します。この手術を行なうことで症状が改善し、術後約1週間で退院可能となることが多いです。ただし、10%程度に術後の再発がみられ、血腫が再び増大した場合には再度手術を行なう必要があります。血液をさらさらにする薬(抗凝固薬、抗血小板薬)を飲んでいる人は一般的に再発しやすいとされています。

頭部外傷後に頭痛、物忘れ、認知症のような症状(意欲の低下、性格の変化、反応の低下など)、歩きにくさといった症状が急激に出現したときには、慢性硬膜下血腫を疑う必要があります。脳神経外科の受診をお勧めします。

軽い頭部外傷が発症の原因となることが多く、また、高齢者(60歳以上)、アルコールをよく飲む人、血液をさらさらにする薬(抗凝固薬、抗血小板薬)を内服している人は発症のリスクが上がります。普段の生活で転倒して頭を打たないように気をつけましょう。

丸山 邦隆

解説:丸山 邦隆
富山病院
脳神経外科


※所属・役職は本ページ公開当時のものです。異動等により変わる場合もありますので、ご了承ください。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

関連記事

  1. 急性硬膜下血腫(病名から探す | 2020.2.5)
  2. 外傷性脳損傷(病名から探す | 2016.3.16)
  3. 脳卒中(病名から探す | 2013.2.1)
  4. 脳梗塞(病名から探す | 2013.2.1)
  5. 脳腫瘍(病名から探す | 2013.2.1)